2012年05月16日

太白山

 13日は仙台市にある太白山に行ってきました^^

太白山は仙台市の区名にもなっている山で、周辺は太白山自然観察の森となっていて、観察センターもあるので、のんびりと行ってみたいと思っていました。

今朝は起きると素晴らしい天気。うーん、今日は期待できそうだ!

自然観察の森に車を停めて、まずは観察センターに顔を出します。
登山情報を聞いていくと、震災で生出森八幡神社の石垣が壊れてしまって、公には通行禁止になっているとのこと。自然観察の森は仙台市所有で、山は神社所有など色々あるようですね。

 色々なコースがあって、太白の道が一番歩きやすい、であいの道はヤマツツジが今は見頃、みはらしの道は展望がいいなど、親切に教えてくれました。
 色々考えて、であいの道を歩いて、帰りはみはらしの道に行くことにしました。
双眼鏡を無料で貸してもらえるとのことなので、お借りして出発です。

01出発.jpg
 自然観察センターから出発☆

02緑の道.jpg
 緑の道です。

 今日は本当に天気もよく、気持ちよく歩きます。
いいな〜、今の時期のこういう里山は歩いていてとても気持ちがいいです^^

 山はかなり久々のkumiちゃん、でも今日は遠足なので大丈夫だろうとのんびり歩きです。

 話に聞いていたとおり、であいの道はヤマツツジがキレイでした。ツツジの道を歩きます。
うーん、いいなぁ。

03つつじがキレイです.jpg
 であいの道はヤマツツジが見事^^

04目指す太白山.jpg
 目的地の太白山です。
太白山周辺にはかつて火山地帯だったようで、マグマの通り道だったそうです。
詰まった溶岩が周囲よりも固く、太白山の部分だけが侵食に耐え残って、このような山ができたとのことです。
そういえば、周囲にはこのような山がたくさんあったのはそういう経緯なんですね。

 しばらく歩くと、杉林に変わります。
生出森八幡神社で、ちょっと一息入れます。

05エッフェル塔クッキー.jpg
 生出森八幡神社で一息。差し入れのエッフェル塔クッキーを食べます。
塔の上からかぶりつく〜(笑)


06山頂まで20分.jpg
ここから登りです。山頂まであと20分の表示がありました。

一気に登りです。
岩場や鎖場もあって、結構傾斜もあるので、ちょっと注意ゾーンですね。

07鎖場が続く.jpg
 鎖場が続くので、雨の時はちょっと怖そうです。

山頂から下山してきたと思われる登山者に会いました。中にはなんと子ども連れも。
鎖場を越えて、鳥居をくぐると山頂に到着です。

山頂からは、仙台市内がよく見えて、蔵王方面もよく見えました。
うーん、いいなぁ。

09仙台市内.jpg
 仙台市内方面。

10蔵王方面.jpg 
 蔵王方面です。

展望を楽しんだら、シートを広げてお昼ご飯タイムとなりました。時間はちょうど12時です。
トマトスープを作ります。kumiちゃんが作ってくれたお弁当を一緒にうーん、ウマい^^

11お弁当を広げます.jpg
 山頂でのんびりします。

12特製トマトスープ.jpg
 トマトスープを作ります。調味料を色々準備したのですが、なんと車に忘れてしまった・・。
でも、塩だけでも十分に美味しくできました。
 
 あまりにも天気がいいので、食べたりのんびりしまくりで、気が付いたら14時。
ありゃ〜、もう2時間も経ってます^^; ちょっとのんびりしすぎた。
というか、歩いている時間より長いです。楽しい時間はあっという間ですね。

のんびりと下山です。
鎖場は注意して、みはらしの道を歩きます。話に聞いていたとおり、ところどころビューポイントがあって眺めがいいです。
途中またのんびりしてしまい、結局15時30分に下山しました。

下山後は自然観察センターをのんびり見学しました。
こじんまりとしたところですが、レンジャーの方もいい方でとても素敵なところでした。
借りた双眼鏡をお返しして、お礼を言って帰りました。

うーん、たまにはのんびりもいいですね。楽しかった!
帰りは秋保温泉で汗を流して帰りました。

◎タイム◎
自然観察センター10:40〜太白山12:00〜自然観察センター15:30
posted by dai at 21:43| Comment(4) | やま | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

山形神室山

 5月12日に、スターさんと山形神室山に行ってきました。

 当初、朝日連峰の大井沢〜焼峰〜天狗小屋に行こうと計画していたのですが、朝からあいにくの雨・・・。
集合して、「さてどうしましょうか」と相談して、天気図は西高東低気味なので、太平洋側は天気がよさそう。
蔵王近辺ならばたぶん天気も大丈夫だろうということで、車で移動して、のんびりと山形神室山に行くことにしました。

 笹谷峠に到着すると、天気は大丈夫ですが、ものすごい風です。
こりゃ〜、今日は強い風の中歩くことになりそう。

01出発.jpg
のんびりと準備をして出発。

山形神室山は、二年前の11月に登って以来2回目です。その時の様子は下記です^^

http://taikidaiki.seesaa.net/article/168285248.html

その時、とても楽しいコースだったので、今回もワクワク。
前回は道路が冬季閉鎖でしたが、今回は笹谷峠まで車で行けるので楽できます^^

 まずはハマグリ山への登りを登ります。
雁戸山方面の山頂は、昨日と思われる雪が積もっていました。
ありゃ〜、昨日寒かったから、雪降ったんですね。

03雁戸山方面.jpg
 雁戸山方面。山頂付近は最近と思われる雪が。寒かったんですね。

04山形神室と仙台神室.jpg
 山形神室(左)と仙台神室(右)

 それにしても、風が本当に強い。でも、ちょっと陰に入れば風が弱まります。

 私、あまりにも無知かもしれませんが、雪山に登るまで、雪は均等に山に積もるものだと思っていました。
でも実際山に積もる雪は、地形や風の影響をとても受けて、風が強いところにはほんんど雪は積もらず、吹き溜まりにはとても深い雪があったり、谷には雪崩などで多くの雪が積もっていたりします。

風も同じで、山に登る前は風は常に一定に吹いているものだと思っていましたが、実際は地形の影響などすごく受けます。
あるところでは暴風でも、数メートル先ではほとんど無風などは当たり前。
自然はとても複雑、でもすごく面白いですね!

ハマグリ山を登って、そうそう。ハマグリで表示がしてあるんですよね。
ここから、いったん下って、山形神室山に登ります。

02ハマグリ山.jpg
ハマグリ山に到着☆

山形神室に着くと、仙台神室や大東岳がよく見えました。

06大東岳.jpg
大東岳。ここも登りたいんだよな〜。

07寒い.jpg
風があたる側は霧氷がついていますが、風が当たらない方は全然様子が違います。
山の表情は面白い!もっともっと山のことを知りたいです。まだまだ修業が足らない。

山形神室岳で、のんびり休憩して、今日はここまで。
のんびりと下山することにしました。

蔵王はやっぱり降雪量が月山や朝日、飯豊と比べて段違いに少ないようで、もうほとんど夏道でした。
月山や朝日がなかったら、きっと蔵王はもっと降雪量が多いんでしょうね。日本の地形は面白い!

08下山開始.jpg
のんびり下山。

09晴れてきた.jpg
下山すると晴れてきました。登ってきた山形神室岳。

無事に笹谷峠に下山して、山工小屋でのんびり昼食を食べました。

予定の朝日はいけませんでしたが、でもやっぱり山に来るとすごく元気になります。
それを改めて実感した、今回の山行でした。
ありがとうございました。


◎タイム◎
笹谷峠8:30〜ハマグリ山9:25〜山形神室山10:10〜笹谷峠11:50
posted by dai at 21:24| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

小国春グマ猟

 GW後半は、小国町の春グマ猟に同行させてもらってきました。

春グマ猟。私は鉄砲の免許はまだ持っていませんが、以前からとても興味があり、一度猟に同行させてもらいたいと思っていて、今年は山行をやめて猟に同行させてもらいました。
 予定では3〜6日の4日間同行させてもらう予定でしたが、天気が悪いと猟にも行けないので、結局6日だけの参加となってしまいました。

01針生平のブナ新緑.jpg
 針生平のブナ林の新緑が見事でした。
 残雪と新緑。この景色は山の中でも格別だと思います。

02マタギがいく.jpg
 マタギが行く。かっこよすぎです。

03クマを探す.jpg
 クマを探します。

 結果として、クマの姿を見ることができましたが、猟を行う現場には残念ながら立ち会うことができませんでした。

 都会で育ち、まだまだ現場のことについて勉強が足りない私があれこれ言うことができませんが、人と自然と動物は、今も昔も切っても切り離せない関係があると思います。

 春グマ猟はかつては人が生活のために行ってきたものですが、それが今でも続けられています。
今でも続けていることにはとても深い意味があって、それをしっかり勉強したい意味でも今回同行させてもらいました。
 でも、一回ではまだまだ分からないことだらけでした。

 いつもそうなんですが、自分の心や頭、気持ちの中にどのような想いがあるのか、自分自身で分からない。
自分自身で何が分からないのかわからないというのが、一番厄介^^; 
修業が足らないなぁ。
 
 分かっているのは、山が大好きで、自然が大好きで、そしてそれを通して人との出会いや関わりが深まっていくことが、単純に楽しく好きだということかな。

 春グマ猟は、また来年同行させてもらいたいと思います。
なんか今回は重い日記になっちゃった。ごめんなさい。
posted by dai at 19:40| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

お花見ざんまい

 連休前半は、久しぶりに山にもいかずのんびりとお花見^^
 天気も良くて最高でした〜。

さくら.jpg
 鶴岡公園の桜が見事

さくら.jpg
酒田の日和山公園も負けてない。

きれいだ.jpg
最高です^^

バーナー.jpg
普段山で活躍するバーナーたちは久しぶりに下界で活躍。

チューリップと桜.jpg
いこいの村庄内のチューリップと桜もいいよ〜。

ちょうかいさん.jpg
鳥海山。素晴らしい。
上に行くものいいけど、たまにも下界から眺めるのもいいな〜。

後半は天気悪そう・・・。どうかなぁ・・。
posted by dai at 20:44| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

蔵王企画 ライザスキー場〜蔵王温泉スキー場(雲の滝〜スイス編) 終

 お釜の急斜面を登り切り、避難小屋の近くに出ました。
一足先に着いていた政信さんは、休んでいて、我々が続きます。yayoiちゃんとsakamotoさんはアイゼンを外すのにちょっと苦戦。チョコをつまみながらのんびり待ちます。

01雲海とお釜.jpg
 お釜と雲海(政信さん撮影)

 時間がなさそうであれば、ライザに戻ることも考えましたが、ここまで来ちゃえば蔵王温泉スキー場に行った方が早いです。
ということで、最高峰の熊野岳に向かっていると、展望が更に開けて、鳥海山、葉山、月山、雲に隠れて朝日連峰、飯豊連峰、吾妻連峰の大絶景!
 そして、ものすごいものが見れました。

 遠くの方で雲海が山の稜線を越えて、雲の滝のようになっています。
これはすごい!! こんなすごいものを見るのは私も初めて。
一番山経験が長い政信さんも「こんなの初めてだ!すげー!」と大興奮です!

02雲の滝.jpg
 雲の滝です!すごすぎる(政信さん撮影)

01ものすごい.jpg
 本当に滝のようになっています。(ムッキー撮影)
これは夏ごろは見れることはあるそうですが、今の時期はとても珍しいとのこと。本当にこんなの見たことありません。
 あまりの美しい素晴らしい自然現象に、鳥肌が立ってしまいました(寒いからもあったかもしれませんが)^^;

 しばらくみんなで見とれて、雲の滝を右手に稜線を歩いていきます。
雪がないところでは、ぐちょぐちょです。
ここの地質もあるのかもしれませんが、こんなところを人が何十人も歩けば、あっという間に登山道は荒廃してしまいますね。
 
01雲の上.jpg
 雲の上を歩いているようです(yayoiちゃん撮影)

18エビのしっぽなごり.jpg
 エビのしっぽの名残?
標柱が立っているところだけに雪の塊があって面白い。

19ヘリがきた.jpg
 ヘリが飛んできました。月山のようです。

20熊野山頂.jpg
 熊野岳山頂に到着。みんなで記念撮影^^

 あとは、下って地蔵山を越えればすぐにリフト駅です。
熊野岳の登り、3月に来たときはガスガスで「すげー登ってるな」と思いましたが、展望があると全然たいしたことないように見えました。

21終わりも近い.jpg
 地蔵山から下って、終わりも近い。

22お地蔵さん.jpg
 前回出発で撮ったリフト駅近くのお地蔵さん

01なにこれ.jpg
 最後のセリフタイマー使って、みんなでダイジャンプ!
が、あれ?失敗。。 ムッキーだけ成功(笑)
私は隠れてしまった^^; あとからこの写真をみて、みんなで大爆笑でした^^

 無事にリフトに到着し、あとはロープウェーで楽々下まで下りました。
 下山して、政信さんカーを回収。お風呂に入って、ムッキーとはここでお別れです。
 私たちは、つぐさんのペンションスイスで反省会です。

 スイスはとても素敵なペンションで、容子さんの美味しい手料理と美味しいお酒が待っていてくれて、その後の反省会も大いに盛り上がりました。

02スイス.jpg
 ペンションスイス

23寝室.jpg 
 寝室も素敵です。

25反省会へ.jpg
反省会へなだれ込む〜。

 今回は本当に久しぶりに会心の山行でした。
天気にも恵まれ、仲間にも恵まれ、みなさん本当にありがとうございました。
やっぱり山っていいですね^^自然はいい。
山にも仲間にも感謝感謝、ありがとうございました。

◎タイム◎
ライザスキー場8:00〜リフト最上部10:30〜お釜11:50〜熊野岳14:40〜蔵王温泉スキー場上15:30
posted by dai at 21:45| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

蔵王企画 ライザスキー場〜蔵王温泉スキー場(お釜に着地編)

06-2お釜に向かう.jpg
 宮城県側の大雲海を満喫して、いよいよお釜に降りて行きます。

お釜はエメラルドグリーンの氷が覆っていてとてもきれいだと聞いていたので、ワクワク。
さぁ〜、お釜へ下って行って、ついにお釜が見えてきた!

・・・・あれっ!?

政信さんがポロっとつぶやいた一言。

「お釜きたねぇ〜>_<」

 エメラルドグリーンのはずが、、、なんか茶色い^^;
あれ〜?全然想像と違っていた。。
政信さんが思わずこの一言に、一同爆笑でした(笑)お釜汚いじゃんみたいな。

06お釜へ.jpg
 凍ったお釜。写真だと茶色い感じはわからないかな?

しばらく笑い続け(笑)、再びお釜に向かいます。
あ、でもね、お釜遠くからみたらそんなに綺麗じゃなかったけど、近くによってみたら、ちゃんとエメラルドグリーンのきれいな氷でした^^
ほんとだよ〜。

ルート選定に悩みましたが、途中急斜面はシリセードで行けそうなので、シリセードで行くことに。
政信さんは雪国暮らしの長年の経験があって、さすがにすごい!
途中、方向転換が必要なところでは、「あらよ」ってな具合に滑りながら立ち上がって、方向転換。
yayoiちゃんも挑戦したけど、あら〜、違う方向へ^^;

08しりせーど.jpg
 シリセードでおります。

10たのし〜.jpg
 やっほー!

09わー.jpg
 最高だ〜。でもyayoiちゃんはどこへ・・・・?

むっきーとsakamotoさんと私は、方向転換が必要なところをスルーして、そこからシリセード!
結構な急斜面なので、スピードもついて楽しい!
でも、近くで大きな雪庇が張り出しているので、そこには近寄らないように注意しました。

07すごい雪庇.jpg
 近くはすごい雪庇!

P4210075.jpg
 大迫力です!(sakamotoさん撮影)

DSCF9986.jpg
 シリセードのトレース。一つだけ、変なところから出てきてますが・・・?(笑
何も知らない人がこれみたら「ん?なんだ?スキーじゃないな。人か?滑落か?」と思って、シリセードのトレースとは思わないかもしれませんね。

シリセード後、いよいよ凍ったお釜に到着!
今回のメインイベント、凍ったお釜に着地です☆

大丈夫かな〜と、まずはyayoiちゃんが1人で乗ってみます。
お、なんとか大丈夫そうだ。ということで全員が続きます。

2012-04-21 12.05.08.jpg
まずはyayoiちゃんが着地!ここはお釜の上です。すごいでしょ!?(yayoiちゃん撮影)

11お釜の上.jpg
 凍ったお釜。うーん、初めてだ!

12お釜で一枚1.jpg
やった〜、念願の凍ったお釜に着地できました!
天気も快晴!気持ちも最高!良き仲間に囲まれ、そして素晴らしい大自然!
記念撮影しまくりで、たっぷりと満喫しました。

13お釜で一枚2.jpg
 みんなで一枚

14太陽サンサン.jpg
 太陽もサンサンです。

DSC01474.jpg
 でも、結構亀裂が・・・(ムッキー撮影)

その後は高台に登って、お昼ごはんです。
よ〜く耳を澄ませてみると、なんだか音がします。
どうやらお釜の氷が融ける音のようです。結構亀裂もあったし、実は結構やばかったのではないだろうか^^;

ご飯を食べたら、再び稜線に戻ります。
急斜面をピッケル使って登ります。雪の状態はいいので、アイゼンはなしで快適に登れました。

15さ〜戻ろう.jpg
 お釜を後ろに戻ります。

16斜面を登る.jpg
 ピッケル使って、しっかりとキックステップ。

P4210095.jpg
 政信さんは直登です(sakamotoさん撮影)

 2012-04-21 13.05.02.jpg
 お釜を振り返る(yayoiちゃん撮影)

2012-04-21 13.15.38.jpg
 頑張って登ります(yayoiちゃん撮影)

 さて、登り切ったら、いよいよ蔵王最高峰熊野岳へと向かいます。

つづく〜

______________________________________________________________________________
 ちょっとふざけて書きすぎているかもしれません・・・。すみません・・。
 でも、実際はルート選定を慎重に考えたり、危険個所は気を付けて通過したり、ふざけまくっている訳ではないですよ〜。
山に入る以上、それなりの準備などはちゃんとしています。
でも、あとから、つぐさんに「甘い」と怒られましたので、甘かったかもしれませんが・・・。
とりあえず、続きます。
posted by dai at 20:42| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

蔵王企画 ライザスキー場〜蔵王温泉スキー場(大雲海編)

 21日は、yayoiちゃんが企画してくれた蔵王企画として、ライザスキー場から蔵王温泉スキー場へ行ってきました。
メンバーは、政信さん、yayoiちゃん、ムッキー、sakamotoさん、私の5人です。

 朝4時半に鶴岡出発。途中のコンビニで買い出しなどしながら、7時前に蔵王温泉スキー場へ到着です。
いったんここで集合して、車を乗り合わせてライザスキー場へ向かう作戦です。今夜お世話になるペンションスイスのつぐさんがわざわざ見送りに来てくれました。
 
 今日は、前回とは逆のルートです。
今回の目玉は、なんといっても凍ったお釜の上に乗ってしまおうというもの^^ 昨年yayoiちゃんが着地したらしく、どんな感じなのかウキウキワクワク!

 政信さんカーで、みんなでライザに向かって、準備をして出発!
スキー場のリフトは動いているかと思いきや、すでに営業は終了していました。くそ〜、上まで楽できると思ったのになぁ(笑) 

01ライザ出発.jpg
 ライザスキー場を出発!

sakamotoさんとyayoiちゃんはせっかくなのでということでアイゼン装着。男3人はツボ足です。
無風快晴で、登っているとむちゃくちゃ暑い! まるで夏山のようです^^; 
「こんなはずじゃなかった」とか話しながら、まあ楽しく登っていきます。
 
02素晴らしい天気.jpg
 天気が良くて暑いけど、でも仲間に恵まれみんな笑顔です^^

P4210040.jpg
 わ〜い^^(sakamotoさん撮影)
むっきーは初daichanポーズ。(なんか自分でdaichanポーズとか言うの恥ずかしいですね・・・)

それにしても、モンスターはすっかりいなくなり、3月とは全く様子が違いました。一月でこれだけ景色が変わるのですから驚きですね。

 GW前に開通する蔵王エコーラインは上まで除雪が終わっていました。
リフトを過ぎて、途中道路を何度か横切りながら登ります。

03道路を横切る.jpg
 道路を横切って進みます。

 遠くの方は曇っていて、完全に視界があれば飯豊、朝日、吾妻、月山がどか〜ん!と見えるはずです。
吾妻方面は晴れてて、時々雲の隙間から、朝日連峰が見えました。とんがり頭の大朝日はすぐにわかります^^

2012-04-21 09.50.52.jpg
 雲の隙間から朝日。(yayoiちゃん撮影)

 気持ちよく稜線まで到着。すると、宮城県側に大雲海が広がりました!
すげー!太平洋まで広がる大雲海です! こんな大きな雲海を見たのは久しぶり。
あまりの素晴らしさに、歓声があがります。

05宮城県側の大雲海.jpg
宮城県側の大雲海!写真ではちょっとすごさ伝わらないかな〜。
何もなければここからは、宮城県の仙台平野を一望できて、その先には太平洋を見ることができます。
そこがすっぽりと大雲海に覆われていました。あまりのすごさに感動です☆

2012-04-21 10.48.57.jpg
 すげー!(yayoiちゃん撮影)
これは本当に素晴らしかった・・・。
仙台の町は曇りなのでしょうけど、山の上は快晴!
自然の変化ってすごいですよね。

 さて、いよいよここからお釜に降りていきます。
posted by dai at 20:35| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

倉手山

 報告が遅れがちになっていますが、4月14日、山岳会の総会の前にしみけんさんと一緒に倉手山に行きました。
が、なんと、カメラを忘れてしまった・・・。というわけで、報告は簡単な文章としみけんさんにもらった四枚の写真だけになります。あ〜、カメラがないのは痛い。

 しみけんさんと朝9時梅皮花荘に集合。状況によって倉手山にするか西俣にするか考えようということになっていて、なんとか倉手山にいけそうだったので、倉手山に行くことにしました。
なんといっても、危険箇所は雪がたっぷりついている林道です。視察すると、梅皮花荘の赤いつり橋をわたってすぐのところの通過だけがやばそう。

 滑落したら、川にドボンなので、ピッケルとアイゼンを使って平行移動です。
しみけんさんはさっさと通過してしまいますが、私は以前ダイグラで滑落したことがあって、そのときのことがって雪の急斜面は苦手意識があって、時間がかかってしまいましたが、何とか通過です。

落ちたらドボン.jpg 
 急斜面の雪面トラバース。おちたら下の川のドボンです^^; こわ〜

ピッケルを使って.jpg
 ここはアイゼンとピッケルを使って慎重に通過しました。

 危険箇所を通過して、しみけんさんと雑談しながら林道を歩いていきます。
登山口に到着し、ここからのんびりと夏道に沿って登っていきます。
さすがに今年は雪が多かったこともあって、たっぷりと雪がついています。
久しぶりにピッケルを使っての歩き。ピッケル登山、結構好きなんですよね。
雪面にピッケルをついて雪面を登っていく感覚が、どうしてか分かりませんがすごく好き^^ 
おれ、やっちゃってるぜ!というジコマンかもしれませんけどね

 しかし、しばらく山に行っていなかったこともあり、雪の状態も悪いのでペースがあがりせん。
時間的に厳しくなってきたので、ザックをデポして、稜線まで行ってそれで今日は戻ることにしました。
残念だな〜、山頂からの景色楽しみにしていたのに・・。
のんびりと昼食を食べて、下山。危険個所の通過は帰りはわりとスムーズに通過できました。

今日の山頂.jpg 
 今日の山頂です。しみけんさんと一緒にパシャ^^

満足.jpg
 後ろはエブリです。これが見れただけでもよかったよ。

 梅皮花荘でお風呂に入って、 しみけんさんと「来年の総会前にリベンジしよう」と約束して、小国山岳会の総会になだれ込みました。
 
 ちょっと簡単な報告ですみませんが、今回はこれだけにしておきます^^;

ちなみに、しみけんさんの報告は下記です^^
http://www.iideasahi.jp/1534.html
posted by dai at 16:25| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

角田山

 遅くなりましたが、4月12日に、kenrokuさん、マリさん、ひらっぺさん、sakamotoさんと一緒に角田山に行ってきました。

 11日、仕事を終えてすぐに鶴岡出発。3月に開通した鶴岡〜温海間の日本海東北自動車道を通っていきますが、トンネルの連続で「ここよく工事できたな〜」と感心しながらとおって、22時過ぎにkenrokuさん宅に到着しました。
ひらっぺさんとすでに始まっていたのですが、引っ越し後初めてのお宅訪問です。
めおとやまにお会いするのは本当に久しぶり^^ 楽しく結局朝4時まで飲んでしまいました^^;

 翌朝は9時30分に起床しました。
天気もよく「これは最高だぞ!」ということで、出発です。

今日の山は角田山です。昨年色々な人が登っている報告を聞いて、ユキワリソウを見に行きたいと思っていたので、それがやっと実現できました。
 登山口から登っていきます。
さっそくユキワリソウが顔を出してくれて、みんなで「ワーワーキャーキャー」大興奮しながら登ります
 01ユキワリソウ.jpg
 ユキワリソウ。これが見たかったんだ〜^^

02ユキワリソウ2.jpg
 色々な色があります。

03もう大興奮.jpg
 もう大興奮です!

04カタクリ.jpg
 カタクリも素晴らしい〜。シロバナも3つ見つけました^^

05キクザキイチゲ.jpg
キクザキイチゲ。イチゲちゃんたちはどの子もいいですな〜。

06ショウジョウバカマ.jpg
 ショウジョウバカマ

 のんびりとお花を楽しみながら、無事に山頂に到着です。

10角田山頂.jpg
山頂で記念撮影

山頂でのんびりとご飯を食べて、またのんびりと灯台コースを下山しました。
途中で、なんとfatfatyoさんとスライド。「ありゃ〜、お久しぶりです^^」とご挨拶。

灯台コースは日本海を眺めながら歩けるので、天気がいいと気持ちが良いです。
07カタクリ群生.jpg
 カタクリの群生が続く。

08すごいね.jpg
 ここすごいよ〜!

11日本海.jpg
 日本海をバックに

09降りてきた.jpg
 のんびりと下山しました。

昼過ぎには下山して、海鮮丼を食べる作戦だったのですが、ちょっとのんびりしすぎてしまって、時間は15時頃。
遅くなったけど、ひらっぺさんとsakamotoさんと三人で食事してから帰りました。

いや〜、角田山最高だったな〜^^ 楽しかった!
一緒してくれた皆さまありがとうございました。
posted by dai at 23:36| Comment(5) | やま | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

盛岡冷麺

冷麺.jpg

 網張方面に遊びにいき、有名な盛岡の冷麺を食べました。
ぴょんぴょん舎の冷麺、以前も食べたことがあったのですが、「こんなに美味しかったかな?」というくらいウマかった^^

 今度はがっつり行きたいところです^^

 あ、別に私回し者ではないですよ^^;
posted by dai at 00:40| Comment(2) | つぶやき | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。