2012年11月07日

初冬の飯豊連峰(三国小屋荷上)

 3日〜4日、久しぶりの泊りプライベート山行で、しみけんさんとりょうさんと三国小屋に荷上げ行ってきました。
 私は行けませんが年末年初に小国山岳会で飯豊に行く予定で、今回はその荷上げです。

今回のルートは大日杉小屋〜五段山経由で三国小屋です。朝8時にのんびりと集合しました。

まずは荷上げ品の分担です。小屋に保存する一斗缶も上げます。
荷上げに加えて今回の宴会食材もあるので、出発前のザックはずっしり・・。久しぶりな上ここのところあまり重い荷物を持っていなかったので大丈夫かな〜とちょっと不安になりながら出発しました。

DSCF2501.jpg
 今回の荷上げ品です。たっぷり。

 前日までの寒気で、かなり寒い・・。遠くから見ると雪がついています。
足回りは迷いましたが、久々に登山靴。しみけんさんも登山靴ですが、りょうさんは長靴です。

 このルートを歩くのはかなり久しぶり。うーん、いつぶりかな?
標高の低いところでは紅葉がキレイです。今夜の食糧計画に現地調達が入っているので、宝探しをしながらゆっくりペースで登っていきます。
 
DSCF2505.jpg
 中津川のつり橋をわたります。 

 宝が見つかれば、宝回収と理由をつけて休めるので助かります(笑
ムキタケやナメコ類をゲットです^^ やったね^^

DSCF2519.jpg
 今晩の食材ゲット!

 だんだん標高が上がってくると徐々に雪が出てきます。
五段山に着くと雪がたっぷりです。気温も下がっていてかなり寒い。
食材確保に時間がかかり、五段山に着いた時点でお昼を回ってしまってました。

DSCF2522.jpg
 紅葉がキレイだなぁ・・・。

DSCF2529.jpg
 五段山では雪がたっぷりです。

 ここからは稜線歩き。といっても意外とアップダウンがあり、雪もあるので結構疲れます。

りょうさんはさすが体力があり余っているので先頭を歩き、しみけんさんと自分は少し遅れて着いていく感じです。
 歩き始めは「お、何とかなるかな?」と思いますが、徐々に荷物が効いてきて、稜線歩きでは足が悲鳴を上げ始めています^^;

 牛ヶ岩山を越えてようやく地蔵山です。地蔵山では川入へ下山したと思われるトレースがありました。おそらく昨日かな?
DSCF2539.jpg
 稜線を行きます。

DSCF2545.jpg
難所の剣ヶ峰。

 さて、ここからが難所の剣ヶ峰です。こんなに雪があると思っていなかったこともあり、アイゼンは持ってきていないのですが、状態としてはなしでも大丈夫そう。
といっても雪があり結構怖い。慎重に登っていきます。

DSCF2554.jpg
 慎重に通過。

 鎖は気温低下ですっかり冷たい。りょうさんが途中水場を確認に行くと、出ているとのことです。

DSCF2559.jpg
 標柱です。

DSCF2557.jpg
 核心部。

 途中緊張する場面もありましたが、16時に無事に小屋に着きました。どうやら私たちだけのようです。
しみけんさんとりょうさんは水を取りにいってくれるとのことなので、自分はキノコの下ごしらえ作業です。

(水場は結構やばい状態なので、ロープを持って安全第一で確保したとのことです)

 無事に帰ってきて、カンペーイ!キノコ鍋を作りつつ、相変わらずサンマ7匹やらネギ、ハクサイ、納豆、ニラ、ピーマンなど大量の生もの。荷上げでこれだけ食事が豪華なんておかしいよね、とか話しつつ楽しく飲みます。

DSCF2570.jpg
 美味しいキノコ汁です。

やっぱり今の時期は熱燗が良いですね^^ といってもさすがにみんな疲れていて、疲れすぎるとあまり酒も進まず、結局は20時で終了となりました。

DSCF2573.jpg
 宴会はつづく〜。

続きます^^
posted by dai at 18:16| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

飯豊荷上げ

DSCF2626.jpg
 大日杉小屋〜五段山〜三国〜地蔵岳〜大日杉小屋。飯豊荷上げ。
 
 久しぶりのプライベート泊り山行で、しみけんさん、りょうさんと一緒にたっぷりと初冬の飯豊を楽しんできました。

 いや〜、最高だった〜!^^

 詳細は後日です^^
posted by dai at 22:55| Comment(2) | やま | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

紅葉の障子ヶ岳 つづき

 遅くなりましたが、前回の続きです^^

竹爺と相撲を取ってちょっとお食事。今回はかーちゃんのサンドイッチやおにぎりなどごちそうになってばかりで申し訳ない・・・。美味しくいただきます。

 さて、ここから障子ヶ岳経由の稜線歩きです。
素晴らしき紅葉の稜線、写真でお楽しみください^^
DSCF2124.jpg
 天狗角力取山から粟畑に戻ります。ここの紅葉もいいんだよな〜。

DSCF2131.jpg
 そして障子に向かう。とんがり頭が特徴ですね^^

DSCF2137.jpg
竹爺は写真とりまくり!

DSCF2141.jpg
障子池。ちかくまで行けるかな。

DSCF2142.jpg
黄色ワールド

DSCF2177.jpg
赤ワールド

DSCF2165.jpg
かーちゃんにごちそうになってばかり。申し訳ない・・。でも、んまーい!^^

DSCF2182.jpg
ナイスガイ?の竹爺(笑

DSCF2183.jpg
この岩と紅葉がいいんですよね。

DSCF2194.jpg

障子をバックに。稜線歩きも終わりが近い。

 たっぷりと紅葉を満喫。でもアップダウンが多いので体力的には楽ではないコースかもしれませんね。

 竹爺、かーちゃんご一緒していただきありがとうございました^^

(なんか後半の日記適当ですみません^^;)
posted by dai at 17:34| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

紅葉の障子ヶ岳

アップが遅くなりましたが、10月14日に朝日連峰の障子ヶ岳に紅葉狩りに行ってきました。

前日土曜日は家の片づけやら色々ありましたが、何とか終わって時間ができたので紅葉を見に障子ヶ岳に急遽出かけることにしました。
竹爺夫妻が朝日鉱泉を行くと前日に知り、「明日よかったら障子ヶ岳に行くので一緒に行きませんか。紅葉がきれいなんです」とメールを入れたところ、朝になってこちらに来てくれると嬉しい連絡が^^

 ということで、本当に急遽にも関わらず、竹爺夫妻と3人で行くことになりました。
 
 朝6時過ぎにゆったり館に集合。そこから車で登山口まで移動します。

 ルートは竜ヶ岳を登ってから天狗角力取山経由で障子ヶ岳と日帰りで周回できるいいコースです。
今まで紅葉の時期に2回来ていますが、本当に素晴らしい紅葉なので、今回も来れて嬉しい^^

 朝6時40分ごろに出発。久しぶりのプライベートの解放感と久しぶりの竹爺夫妻と一緒なので、色々話しながら楽しく歩きます。

01バカ平を行く.jpg
最初のバカ平は針葉樹の森です。キノコないかな〜と見つつ登ります。

02月山.jpg
 次第に高度を上げていくと、後ろに月山が見えてきました!
うーん、朝日連峰からの月山は何度見てもいいものです。

竹爺が先週飯豊でお会いしたという夫妻とバッタリ途中で会いました^^
とても楽しそうな人で色々なブログをチェックしているらしく、私のも見られていました^^; うーんちょっと恥ずかしい*^^;

03仲良し夫妻.jpg
 喧嘩してばっか、と言いつつ本当に仲良しの竹爺夫妻です^^

04だんだん紅葉が.jpg
 だんだん紅葉してきた。

竜ヶ岳は登らずトラバース気味に歩きます。稜線方面が見えてきましたが、あんまり紅葉していない。

うーん、まだちょっと早かったかなぁ・・・。

稜線に乗ると前から一人の登山者が。

05渋谷さん.jpg
なんと、西川山岳会のshibuya会長でした。本当に元気です。
前日に泊まって、今下山しているそうで、昨日は30人くらいで小屋は大賑わいだったそうです。
紅葉はどうですか?と聞くと、粟畑くらいは始まっていてキレイとのことです。わーい、楽しみだ!

粟畑の登りが近づいてくると、話に聞いていた通り、素晴らしい紅葉!
うーん、天気もいいしサイコウです^^

06もみじが良い.jpg
 標高の低いところも一部紅葉が素晴らしい。

07障子ヶ岳.jpg
 粟畑直下。障子ヶ岳と紅葉がいいなぁ。

分岐を過ぎて、天狗角力取(すもうとり)山まで歩きます。
ここは天狗が相撲を取ったという話があり、山頂には石の土俵があります。
ここで竹爺と相撲を取りました。はっけーい!

08紅葉を行く.jpg
 紅葉の中、天狗角力取山に向かいます。

09草紅葉.jpg
紅葉って樹木が注目されがちですが、草の紅葉もいいですよね。
私は草紅葉も大好きです。

10天狗すもう取.jpg
 天狗角力取山に到着です。山頂の土俵。
これは自然現象でこうなったと聞きますが、はたして・・・?

11はっけよーい.jpg
 竹爺と相撲を取る。この辺の詳しい状況は竹爺のそれゆけとーちゃんをご覧ください。

http://ogunimachimontefuan.blog47.fc2.com/

 つづく〜。次は紅葉の稜線歩きです^^



posted by dai at 23:27| Comment(2) | やま | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

買いました

ショイコ.jpg
 今話題のエバニューのショイコ、買っちゃいました。

 ショイコはウエストベルトがしっかりしてなくて不安でしたが、これはザックがそのままショイコになったような画期的なモデルです。

 ザックの究極って、ショイコですよね。
なんせ、クーラーボックスや緑化ネットをそのまま担げるのですから。 
 
 来年の保全作業はこれで決まりだ!(笑)
早く使ってみたいな〜。うきうきワクワク。
posted by dai at 20:41| Comment(2) | やま関連 | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

緑化資材荷上げ (梶川尾根〜石転ビ沢)

 遅くなりましたが、ようやく梶川尾根荷上げをアップしたいと思います^^

 すでに終わりましたが、9/22に行われる保全作業の事前準備ということで、9/15に梶川尾根に荷上げ作業を行いました。
 
 Masanobuさんが丸森尾根を深夜に登って梅皮花小屋の管理人をするということでしたので、私も久しぶりに深夜山行をすることにしました。

 前日は車を走らせ22時30分に天狗平到着です。翌日(といえるのかな?)は朝2時30分に起床する予定だったので、すぐにシュラフの中にもぐりこみました。
 運転が疲れていたのか、すぐに熟睡。目覚ましが鳴りましたが、シュラフの中でモゾモゾして時間が過ぎてしまい、ちょっと遅刻^^;
 
 何とか目を覚まして、真っ暗な中ザックにネットを詰め込みます。入れるだけ入れてあとは外付けでがんばろうと思いましたが、ネットが大きく結局ネット3つと繊維1つしか持てませんでした。

準備をしていると、一人の男性がヘッテンつけて早くも出発していきました。うーん、こんな時間に出発なんてなんだろう?って人のこと言えませんけどね・・・。

01届出所.jpg
 私もヘッドランプつけて出発です!
今夜は星がキレイに見えます。夜の山行、今風に言えばナイトハイク。でも言い方を変えれば深夜徘徊です(笑
 
 連日の猛暑なので、夜なら涼しいだろうと思いますが、風もなく気温が高く汗が噴き出してきます。うひゃ〜なんだこの暑さ・・。

 相変わらずの梶川尾根の急登を登って行き、ナラノ木曲り、湯沢の肩を過ぎて、湯沢峰で先行していた単独の男性に追いつきました。夜も明けてきたので、しばし雑談。

 今日は御西まで行くそうな。久しぶりの飯豊だそうで、昨日は天狗平ロッジに泊ったそうです。
 Masanobuさんらしき男性が2時過ぎに出発していったと教えてくれました。

02湯沢峰.jpg
湯沢峰で明るくなってきた。

 男性と別れて、再び登ります。標高が上がってくると風も出てきて涼しくなってきました。梶川は最初の登りと、滝見場から梶川峰までの登りが攻撃的なくらい激しい登りです。

 ひーひー言いながら登り、五郎ちゃん(五郎清水)に到着。
水を汲みに行きますが、崩れた水場の岩がまた崩れたそうです。でも水は汲めるのでご安心を^^ 連日の暑さでかなり水量が減っていました。

 一息入れて、もうひと踏ん張りです。三本カンバを過ぎて、トットバ。梶川峰を過ぎるとようやくデポ地にたどり着きました。
同行者がいれば、着いた後にネットを引っ張り出す作業が楽しいのですが、一人さみしく引っ張りだしました・・・(笑)

03ブナ枯?.jpg
 ブナの葉が?ブナ枯れか・・・・?でもちょっと食痕が違う気がするけどなんだろう。

04弥輔さんの傑作.jpg
 弥輔さんの傑作の水場表示。五郎清水はこちらです^^

 05梅皮花小屋が見えた.jpg
 梅皮花小屋見えてきたよ〜

06梶川みね.jpg
 梶川峰とうちゃくです。素晴らしい天気!

07地糖復活.jpg
 干上がった池糖もまた水が復活してました。

08みんなの汗.jpg
 大量の荷上げ品です。これはすべて人力で上げてます。みんなの汗が詰まってます。

 軽くなって、あとは快適に登ります。来週の施工地を確認して、しかしまた梶川尾根も荒れた気がします。
ここのところ雨の降り方がおかしいので、登山道の荒廃に連動しているような気がします。
 門内小屋に着いて、一応水場の確認に行きます。
連日の暑さでポタポタ状態です。これは水をくむことは期待できません。

 無線でmasanobuさんと交信しようとしましたがうまくいかず、まあ梅皮花小屋に着けば会えるだろうと梅皮花小屋に向かいます。
 
 稜線は風があり、涼しいです。山では風があるなしで全く違いますね。
久しぶりの飯豊の感触に思わず笑みがこぼれます^^ いいな〜。

09地神山.jpg
 地神山です。

10門内小屋.jpg
 門内小屋に到着。

11二つ峰.jpg
 二つ峰です。うーん、また行きたいものだ。

12振り返る.jpg
 何度も振り返ります。

13いいね〜.jpg
素晴らしい景色に見とれる。

14石転びだ.jpg
 石転び沢。帰りはこっちかな?

 北股岳山頂に到着し、そのまま梅皮花小屋へ。
Masanobuさんがすでに到着していて、着いてさっそく一杯。うーん、たまらなんなぁ。
思わず「この為に登ってきました」と言ってしまった(笑

 時間はまだ9時を過ぎたところ。今日の第二の目的は梅皮花小屋でmasanobuさんとまったりのんびりすることなので、まったりさせてもらいました。
 少しお昼寝し、外を景色を見たりしていると、御西管理人の羽田さんが石転び沢から上がってきました。

16はださーん.jpg
はださーん。
 おつかれさんでーす!と差し入れをすると満面の笑みです^^

 「こんなの飲んだらもう歩けない。管理人今日頼むわ」とか色々話し、いやいや面白いですね(笑 しばし雑談をして、羽田さんと別れました。
 Masanobuさんとパスタのお昼ご飯を食べて、さすがシェフです。その場にあるものでパパッと作ってくれました。明日の夜はみんなで大宴会とのこと、いいな〜。

17パスタ.jpg
 masanobu特製パスタ。うーん、美味しかった。

 さ〜名残おしいけど、下山するか〜ということで、石転び沢に向かうと、大声で呼ばれ、戻ってみるとなんと久しぶりにお会いするハタノさんが!
 今日おういんの尾根を日帰りだそうです。いや〜、健脚です。少し話して石転びを下ります。

18石転びをくだる.jpg 
 下ります。

 雪渓までは浮石が多いので、注意です。途中道を間違え黒滝の方に行ってしまいました。。
道を修正して雪渓まで無事に到着。
 雪渓はスプーンカットになっていますが、忘れてましたがそういや6本爪アイゼンを持参していたので、せっかくなので装着します。

19雪渓.jpg 
 雪渓を行きます。

 途中、何人かのパーティーと単独の方とスライド。
雪渓が薄くなっているところに注意しながら歩きますが、どうもまだ危険なところが私一人でははっきりわかりません。
まだまだ修行が足りません。。。
 
 快適に下りますが、雪渓が終わるとあちぃ〜>< まさに燃えるような暑さ。

石転び沢出合まで行き、masanobuさんと交信。
スライドした登山者の数などを報告していると、なんとさっき私が通ってきた雪渓がほんの数分前に大規模に壊れたそうです。(スライドした登山者からの情報)

 危なかった・・・。時間が少しずれてたら巻き込まれていたかもしれませんね。
 それもあって明日以降は石転び沢はかなり歩きにくくくなったそうです。
 まあ無事に歩きやすい時に歩けてよかった。

20石転び見上げる.jpg
 石転びを振り返る。

 ここからが暑さとの戦い。梶川出合で水を飲んで、うまい水はほとんど出ていませんでした。
あついよ〜、お風呂〜と心の中で叫びつつ、なんとか下山しました。

21戻ってきた.jpg 
 登山届所の緑化資材はまた減っていました。
翌日にはすべてあがったそうです。

 うーん、久しぶりのプライベート山行。満喫しました。
泊りたかったけど、またこんどかな〜。

◎タイム◎
天狗平3;35〜ナラノ木曲4:20〜湯沢峰5:10〜滝見場5:40〜五郎清水6:10〜梶川峰7:10〜門内小屋8:10〜梅皮花小屋9:10 
梅皮花小屋11:30〜雪渓頭12:30〜石転出合13:30〜天狗平14;50
posted by dai at 00:00| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

飯豊荷上げ(梶川尾根〜石転ビ沢)

おつかれ.jpg
 おつかれさん。ま〜、まずはこれでも・・・。

15日、久しぶりのプライベート山行で、緑化資材荷上げついでに梶川尾根から石転ビ沢を歩いてきました^^

うーん、久しぶりのプライベートの解放間で、久しぶりに飯豊を歩いてきました。
詳細は後程〜!

一応登山者情報だけ取り急ぎ。

 五郎清水:かなり水量が減っていますが冷たい水は汲めます。
 門内清水 ポタポタ状態です。水汲みには一時間はかかりそう
 治二清水 十分組めます
 うまい水 かろうじて汲めますが、あまり期待てきません。

 暑いぞ〜。雨よ降ってくれ〜。
posted by dai at 19:13| Comment(3) | やま | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

トレーニング

なかなかプライベート山行をする時間がないので、今日は勤務時間終了後に近くの金峯山に行きました。

実はたまに仕事が終わった後にトレーニングを兼ねて登ることがあるのですが、ネタ切れなので載っけます(笑

01金峰山.jpg
車から撮影の金峯山

登山口の標高100m、山頂の標高は450m。
高低差350mなので、気楽に登る山にしてはちょっと骨が折れます。

あまり軽い荷物で登っても仕方がないので、少し負荷をかけて普段の山行よりはペースを上げて、息が切れるくらいのスピードで歩きます。だいたい40分強で山頂。

山頂からは、庄内平野が一望できるので結構いい山です^^
夜に登れば庄内の夜景が見事!隠れた夜景スポットです☆

02夜景が見事.jpg 
 夜に登れば夜景が見事です。うーんいいな。

今度ひそかにテントを持参して上で泊まってみようと考え中〜^^
posted by dai at 22:14| Comment(4) | やま | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

あまり

あまり更新できてません〜。

プライベート山行をする時間がなく、みんなのブログを眺めている日々です。

まあ、そういうときもありますね。

でも、気持ちはいつでも飯豊朝日やみんなとリンクしていますので^^
posted by dai at 20:14| Comment(2) | つぶやき | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

聞きたくない

今年はあまり聞きたいない知らせが多い気がします。

無事ならいいのです。

でも、悲しい知らせは聞きたくない。 

悲しい知らせを聞かせようとしている人なんて誰もない。

それも分かっている。

けれど、聞きたくない。

自分勝手です。
posted by dai at 22:06| Comment(0) | つぶやき | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。