2009年09月18日

天狗ノ庭保全作業

週末は、いよいよ天狗ノ庭の保全作業です。

ご一緒する皆さま、今回もよろしくお願いします。とても楽しみです。

天気もよさそうです。

最近独り言ばっかですみません(笑)

普通の山行は、10月以降かな?
posted by dai at 19:05| Comment(3) | やま関連 | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

飯豊朝日 いよいよ来月保全作業

昼間暑くても、朝や夜になると涼しくなってきましたねぇ。

暑い(暑くはなかったかな?)夏も終わり、なんだかしみじみ。寂しさが胸こみあがる、そんな毎日です(笑) みんな元気??


 さてさて、週末は保全作業の天狗ノ庭と梶川尾根上部の下見調査ということで、飯豊に入っていました。すごく久しぶりに石転び沢を上がりました。2年ぶりくらい?途中konchangとスライド。

御西泊り。松葉さんとゆっくり飲みたかったのだけれど、飛び入りの団体さんがいて、小屋が超混みだったので話ができず・・。残念だったなぁ・・。

あ、報告遅くなってすみません・・・。


 すでにご存じの方も多いと思うのですが、いよいよ飯豊と朝日の保全作業のシーズンになりましたね。楽しみ!

飯豊の日程は梶川尾根上部9月5日〜6日

天狗ノ庭は9月19日〜21日。

朝日は銀玉水上部で9月26日〜27日です!


詳細は下記をご覧ください〜!

<飯豊>
飯豊朝日の登山者情報 → http://www.ic-net.or.jp/home/iide/
東北地方環境事務所HP →  http://tohoku.env.go.jp/to_2009/0824a.html

<朝日>   
西川山岳会HP → http://www.sangakukai.jp/sub51.html
posted by dai at 23:03| Comment(0) | やま関連 | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

飯豊連峰保全連絡会 第3回会合の内容について

既にご存じの方もいると思いますが、先月6月20日行われた飯豊連峰保全連絡会の第3回会合の内容が、東北地方環境事務所のHPにアップされました。

下記をごらんください。

http://tohoku.env.go.jp/to_2009/0721a.html


今年度の合同保全作業も楽しみですね〜。でも一発芸は勘弁してほしいなぁ・・・^^;


あ、連休は朝日で草刈をしていました。充実しまくり楽しい週末でしたぁ!詳細は後日に〜!
posted by dai at 22:30| Comment(0) | やま関連 | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

天狗平ロッジの報告 春山合同訓練編

 前回はぶっとんだ内容を書いてしまいましたが、本来は30日〜31日は小国山岳会(NPO飯豊朝日を愛する会)主催の春山合同訓練が行われました。あるものを使って救助を行う、まっちゃん医師やいっちゃん看護師など医療現場で現役で活躍されている方もいらしたので、大変勉強になりました。

 30日の午前中は座学です。ロッジ2階で救急法やけが人の運送法を学びました。

1座学です.jpg
30日の9:00〜、ロッジ2階にて座学が行われました。

2テープで止血.jpg
テープを使った止血。
怪我したところを水できれいに洗い流し、テープで止血します。粘着面が怪我部分に触れて大丈夫かと思いますが、まずは止血が優先なのだそうです。
血が噴き出ている場合は、怪我上部を手で圧迫すれば出血が収まるので、そこで患部にテープを巻いて圧迫して止血する。 テープならば、圧迫したり緩めたりするもの自由自在なので、非常に有効だそうです。

テープをはがす場合、粘着面に水をつけながらはがせば簡単にはがれます。ビニールテープは、本来肌には貼りつかない性質だそうで、水をつければ簡単にはがれるんだそうです。テーピングなどは直接つけると人によってかぶれたりするので、あまりよくない。

3サランラップも有効.jpg
やけどした場合などはサランラップは有効。怪我にも使える。このようにつければ、膝も曲がる。

4捻挫の対応.jpg
ねんざの対応。足が横に動かないようにしっかり固定するのが大切。
テープで固定すれば、そのまま靴も履けるので、布などよりも有効です。テープってすげ−!

5捻挫しても歩ける.jpg
ピッケルでこのように固定すれば、足を持ってそのまま下山できる。

5-1ガムテープ運送法.jpg
続いて運送法です。
ザックを空にして、救助者を運送します。これはツエルトを使った、ガムテープ運送法。

6竹田方式の運送法.jpg
雨具をハーネスにする竹田方式の運送法。
雨具の生地は非常に丈夫でビックリしました。人を背負う道具としてとても有効です。

7太ももの処理が大切.jpg
運送の時もテープは大活躍。太ももをあげてやるのが重要で、テープを利用して、ザックに固定します。点で支えると痛くなるから、面にするようにする。

その他
・重心をなるべく上にするようにする。
・背負う人をなるべく自分に密着させるようにする。
・雨具のズボンは袋になる。ズボン下を結べばザックの中身が入る。
・「クローブヒッチ+雨具+石」は色々と使える。

勉強になるなぁ・・・。


と、こんな感じで30日午前中は終了しました。
どうですか〜?私たち、本当はマジメにやってるでしょ!??(笑)


んで午後からは、、、

8コマーサル.jpg

・・・・・・・・・・。





翌日は実地訓練といいますか、石転出合で雪上訓練が行われました。

朝起きると、私はゲロゲロ・・。完全な二日酔いで、朝食も食べれずに出発。

出発前に基本からということで、HZUさんから登山靴の履き方、ピッケルの運び方、ザックの背負い方などを教えてもらいました。
すみませんが、気持ち悪すぎて、半分くらいしか聞けませんでした・・・。でも勉強になりました。

小雨降るなか出発。ダメだ、、気持ち悪過ぎて正直もう帰ろうかなと思いました。本当にまいりました・・。(笑)


9うまい水にて.jpg
うまい水にて。ここらへんでやっと抜けてきた。

10出合に向う.jpg
出合向かう。

11出合到着.jpg
出合に到着。ここまでくれば元気になりました。
朝ごはんをまったく食べれなかったので、おにぎりをかぶりつく。

12岳さん先生.jpg
岳さん先生のもと、訓練開始です。
訓練の前にまず現在地が安全か確認。尾根に近いところが比較的安全。雪渓の端の雪が薄くなっているところも、そこに落石が落ちるので比較的安全。

13雪上歩行.jpg
雪上歩行の訓練です。
キックステップにも色々種類があります。振り子のようにすれば破壊力が増す。つま先が痛い場合などは、足の脇を使う。などなど。本に書いてないことばかりで、大変勉強になります。

・技術を使い分けると疲れにくくなる。
・キックステップは一回で決める。その方が効く。
・下りは重心が低くならないようにする。
・歩行時は足元を見ないで上を見る。落石がある可能性があるため。
・トラバースでは、谷側の足はしっかりするんだったかな?

ピッケルの使い方も教えてもらいました。
初期制動。これが大切。滑りだす前に止めること。

14滑落停止.jpg
それで、滑落停止。これはあくまで最終手段。

・腕の力でなく、上半身全体の力で止める。
・脇をしめる。
・足は雪面から上げる。また開く。そうしないと回転してしまう。
・とまらなかった場合は、もう一度雪面に刺す。このとき、腕の力でだけなくエビそりになって、上半身全体を使って刺す。
・停止してから歩きだそうとしてまた滑落する、ということがある。停止したら焦らないで落ち着いて、足元を確かめて歩く(できるかな・・)

私は、スピッツェ部を雪に差してしまうことが多いので、ちょっと練習が必要かなと思いました。

耐風姿勢は、両足とピッケルの三角形。加重はピッケルに集中しすぎない。集中し過ぎて、あっさり倒れてしまった^^;

カッティングは、ここほれワンワンにならないようにする。疲れるだけ。上から刺すと刺さってしまうので、遠心力を利用して、横からブレードを使って削る。



訓練を終えて、17時くらいに天狗平ロッジに戻り、その後解散となりました。

いやー、すごく勉強になりました。
HZUさん、岳さん、小国山岳会の皆様、本当にありがとうございました。いつもいつも色々教えていただいて、感謝です。
もしいざという時に、対応できるようにしておきたいと改めて思いました。体で覚えないと。
実際にそうなったら冷静に対処できるか不安ですが・・。

ガムテープは普段持っていましたが、ビニールテープの太いやつあったほうがよさそうです。ピンチバックに入れるようにしたいと思います

※なお、内容に関しては自分の復習・整理用に作成しました。参考にされる方はちゃんと確認してからにしてくださいね!
posted by dai at 23:12| Comment(6) | やま関連 | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

天狗平ロッジの報告 「いちごちゃんJOちゃんを勝手に祝う会」 編

(注)極めて刺激の強い映像が含まれますので、自己責任でご覧いただくよう、お願い申し上げます。


01天狗平ガーデンにて.jpg


飯豊で出会った仲間、いちご兄な(新郎)とJO姉さま(新婦)がこの度めでたく結婚されることとなり、勝手に祝う会が天狗平ロッジにて、30日に行われました。

とこういうことを書けば、普通のお祝い会が想像されますが、飯豊の仲間では普通で済むはずがなく、今回は(も?)飯豊史上最大級に残るものとなりました。

03M司会のもと.jpg
M司会のもと始まりました。

11新郎新婦登場.jpg
新郎新婦の登場です。


12ぎゃはは.jpg
だんだんこんな風な雰囲気になり・・

04この人たちは?.jpg
もう止まらない。

06なんなの?.jpg
へいへい、ねえちゃんたちいいねぇ!


13いっちゃんの突撃取材報告.jpg
いっちゃんの、結婚式突撃取材報告。

14バーテンダーkonchang.jpg
バーテンダーのkonchangです。

02ガーデンその2.jpg
休憩。JOさんは素敵だけど、周りにいる人たちは・・・。

15後ろの方は?.jpg
素敵な余興だけど、後ろの人は一体・・?

05厳粛な儀式です.jpg
厳粛な儀式も行われ、

07綴さんから.jpg
綴さんからの贈り物

08ハイジさん&孫さんから.jpg
これが目に入らぬかぁ〜!!
ハイジさん、孫さんからの贈り物。



とんでもなかったし、ぶっとんでいたし、相変わらずだったけど、やっぱり楽しかったです。

飯豊の人たちは本当に素敵な人たちばかりですね〜!みんなの優しさと愛がこもっていました!


09本当にお幸せに〜.jpg
なぜかふんどし〜。

いちご兄な、JO姉さま、本当におめでとうございます。
末永くお幸せに☆ そしてまた一緒に飯豊に行きましょう〜!
本当にお幸せに!


飯豊に出会えて、皆さんに出会えて、自分もしあわせいっぱいです。ありがとう!

しっかし、なんにも知らない人がこの記事みたらどう思うんだろう?まちがいなく怪しい人たちですね・・・。(笑)
なにも知らない人が誤解するとヤバいので、いちおう一言。
飯豊のみなさんは精神的には正常な人たちなので、そのへんご理解よろしくお願いします! って正常とはいえないかな?^^;;(笑)
posted by dai at 22:06| Comment(12) | やま関連 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。