2010年10月13日

ウエツキブナハムシ

12ブナハムシのタマゴ.jpg

 蛇引尾根で見つけたウエツキブナハムシと思われる卵です。
 ブナ枯れの原因となっている虫ですね。
 来年の朝日連峰はどうなっているのか、今から気になります。
 そして来年は飯豊に来ると言われていますが、どうなっているか・・。

 なにか大きな問題があるのか、それとも実は問題はないのか。
 もしかしたら、人から見たら大問題かもしれませんが、病気の蔓延を防ぐためのブナの防衛反応なのかもしれません。

 自然の声を聴くのはとても難しいことですね。
 でもだからこそ面白い。 
 自分の感性を研ぎ澄ませて、もっと自然の声を聴けるようになりたいものです。
posted by dai at 21:06| Comment(2) | やま | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

角楢小屋 芋煮会もろもろ(芋煮会&大玉山〜祝瓶山編)

 翌日は、朝7時過ぎにのんびりと起床しました。とりあえずのんびりとコーヒーで一杯。
今日は午後から芋煮会ですが、まだ時間があるので山さんは山にマイタケ探しに、私は冬の為に薪集めに出かけました(笑)

 そんなで、昼前には下山。
とりあえずりふれのお風呂に入って、お色直し(?)を済ませて、五味沢地区の恒例の芋煮会に突入です。
メンバーは五味沢の初男さん始め皆さま、茨城の大原さんや東京からのayanoさん、konchangと私です。
例年色々なメンバー30人くらい集まるのですが、今年は残念ながらあまり人数が集まらなったそうです。でも楽しく飲みました^^

09芋煮会.jpg
五味沢の皆さまと芋煮会です^^

 翌日は、ayanoさん、konchangと、針生平〜角楢小屋〜蛇引の清水(蛇引尾根)〜大玉山〜祝瓶山(鈴振尾根)〜角楢小屋というコースを歩きました。
今年の夏、朝日登山道刈り払い協力隊&岳人長井と合同で草刈がされましたが、このコースは全て、まさにその合同で草刈がされたコースを貫くルートです。

 朝5時30分に針生平駐車場を出発。
まだ薄暗いですが、吊橋を越えて歩きます。
角楢小屋で泊りの荷物をデポします。少し休憩してから出発。
大玉山の吊橋を越えて、尾根をえっちら登ります。

 天気は雨予報でしたが、今のところ大丈夫です。上はガスガスの予感ですが、標高が上がってくると紅葉がキレイになってきました^^
標高が上がるにつれて、大丈夫かな〜と思っていた五味沢の森のブナ枯れがすさまじいです。うーん、来年が心配。

10薄暗いうちに出発.jpg
 まだ朝暗いうちに出発。

11標高があがるとブナ枯れがひどい.jpg
 針生平はブナ枯れは大丈夫だと思っていたけど、やっぱりひどい。
どうも様子を見ていると、標高が低いところは大丈夫ですが、標高が上がるに連れて枯れている気がします。
また、尾根沿いのブナが中心にやられている気がします。
なんでだろう。単純にブナは尾根沿いに生えやすくて、それがやられているだけかな?


 蛇引の清水で水を汲み、稜線の手前になると完全にガスガスぞーんに突入です。稜線に出てもやっぱりガスガスで展望はありません。
昨年は素晴らしい紅葉が稜線に見えたのですが、今年はちょっとダメかな〜。それでもやっぱり紅葉がキレイです^^

13紅葉がきれいだ.jpg
紅葉がキレイだ〜!

 北大玉山の分岐を過ぎて、大玉山に登ります。大玉山〜赤鼻間はここ数年草刈がされていなくヤブヤブだったのですが、昨年に開通させて、今年もしっかり草刈りを行ったので、しっかり歩くことができました。

14ヤブもすっかり道に.jpg
大玉山〜赤鼻は昨年の夏以前は藪でしたが、今は快適に歩くことができます。

 赤鼻では、長井市の市民登山者とスライド。再び祝瓶山の登りを登り、祝瓶山頂に到着しました!展望はないけど、3人で記念撮影。
今まで天気はなんとか大丈夫でしたが、祝瓶山から下りになると雨が降ってきました。
あとはひたすら下って、角楢小屋に到着しました。山さんや初男さん、大原さんがキノコ鍋を作って待っていてくださり、その夜はキノコ鍋やらで楽しみませてもらいました。

15ヒキガエル君.jpg
 雨の中だったので、ヒキガエルくんがたくさんいました。

16ガスだけどキレイ.jpg
 がすがすだけど、紅葉がキレイです。

17祝瓶山頂.jpg
祝瓶山頂〜!3人で一枚です。

18まっかに染まる.jpg
下山時もやっぱり紅葉が素晴らしい!

19吊橋越えて.jpg
つり橋越えて

20角楢小屋でカンペイ.jpg
角楢小屋に到着!かんぺ〜い!

 翌日はのんびりと起床。雨が降っていますが、小屋の片づけを終えて、角楢小屋にバイバイしました^^

4日間とても楽しかったです。お会いした皆さまありがとうございました。

○タイム○
針生平駐車場5:30〜角楢小屋6:15〜蛇引の清水8:15〜北大山分岐9:15〜大玉山10:20〜赤鼻11:40〜祝瓶山13:10〜一ノ塔14:00〜祝瓶分岐15:35〜角楢小屋16:10

07角楢小屋に到着!.jpg
角楢小屋のモクモク。また来るよ。
posted by dai at 22:17| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

角楢小屋 芋煮会もろもろ(徳網山編)

連休は山さん達と小国の五味沢の角楢小屋、芋煮会もろもろに行ってきました。

8日、うまいこと休みがもらえたので、8日から現地入りです。
角楢小屋に山さんが既に入っていて、キノコ採りをしていると聞いていたのですが、この日自分は徳網山に登ることにしました。
 
01徳網山案内板.jpg
 徳網山の案内板

徳網山は6月山開きに行ったときに、いっちゃんたちと一緒に行こうと誘われていたのですが、結局登れなかったので、今回初めて登ります。
冬にも登ってみたいので、そのつもりの事前調査も兼ねて登りました。
山頂までは一時間半くらいのようなので、のんびりと地形図片手に登ります。

冬に登ることを想定して現在地を常に確認しながら登りました。
周辺はナラノキが多く、ナラ枯れしている木もありますがとてもよい雰囲気の森です。
尾根沿いに登って登って、最後は徳網山から伸びている稜線を登り、その先に徳網山山頂があります。
なんだか倉手山と同じような登山コースの山ですね。
倉手山の方が標高も高く急傾斜ですが、のんびり登る山としては両方ともとてもいいところだなと思いました。

天気はとてもいいので、気持ちがよいです。
のんびりと1時間30分ほどで山頂に到着。

02ナラの森.jpg
ナラの森が素敵です。

03動物が争った後?.jpg
動物が争ったと思われる跡。たぶんカケスの羽です。
キツネとでも争ったのでしょうか・・・?

山頂は人が5人くらいでいっぱいになる狭い山頂ですが、朝日連峰方面の景色が素晴らしいです。
大朝日岳、祝瓶山、大玉山、また藪山でいつか登りたいと思っている巣戸々山が見えて、その先には相模山も見えました。
飯豊もよく見えるのですが、霞があってはっきりしませんでした。

今日は時間がたっぷりあるので、絶景の山頂でシートを広げて朝ご飯を作ったりしてのんびり。
本当に天気が良くて、景色も良くて、風も少し吹いていますがそれが気持ちいいです。
今日は誰も登ってくる気配もありません。
眠くなってきて、シートの上で昼寝。
山頂についたのが9:30でしたが、気がつくと12時近くになっていました。(笑)
一人で登るときはこんなことばかりしているなぁ・・。たっぷりと昼寝を楽しんだ後、下山しました。

04徳網山頂.jpg
徳網山山頂へ。

05大朝日方面の展望.jpg
朝日方面の展望がいいなぁ・・・。

下山後は車で針生平駐車場へ。
いつものように大量の燃料をたっぷりとザックに詰め込んで、角楢小屋に歩きます。ここのブナ林はとても素晴らしいので大好きです。ブナ枯れを心配していましたが、ここの森は大丈夫そうです。
吊橋を越えてのんびりと14時過ぎに角楢小屋に到着。
「山さ〜ん」と声をかけて夏の草刈以来の再会です^^

到着すると既に大量のキノコがありました。山さんの料理の腕前は本当に素晴らしいので、この日はたっぷりと堪能させてもらいました(笑)
15時過ぎから始めて、無制限一本勝負ということで、2人で22時くらいまでやってしまいました。

08山さんとカンパイ.jpg
角楢小屋でかんぺ〜い!


<8日徳網山タイム>
登山口8:10〜徳網山頂9:30 11:50まで昼寝他 〜登山口12:30

(つづく〜)
posted by dai at 20:16| Comment(2) | やま | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

朝日・飯豊の合同保全作業終了

9月25日〜26日に朝日。10月2日〜3日に飯豊の合同保全作業が終わりました。
皆さん大変お疲れ様でした。
自分にとってですが、今年の作業はとても思い入れがあって、特別なものでした。
そして楽しかった。みんなありがとうね。

内容は皆さんブログに書いてくださっていますが、自分は仕事で関わらせてもらったものなので、ここには書きません。
本家うきわくの方に書きましたので、そちらをご覧ください。

朝日
http://tohoku.env.go.jp/blog/article.php?blog_id=1170
飯豊
http://tohoku.env.go.jp/blog/article.php?blog_id=1179

あ、内緒にしていた訳ではないのですが、あんまり公にしなかったのですが、実は仕事で書いているブログがあります。
こっちみたいに言いたい放題書きたい放題書いたりできませんが、自分以外の仕事仲間と一緒に作っているブログです。
今頃ですが、知らなかった人はよかったら遊びに来てくださいね〜^^
posted by dai at 19:32| Comment(8) | やま | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

若い登山者

連休に飯豊に行った時、若い人を多くみました。

若い人の登山ブームだの色々言われていますが、今まで飯豊では全然見ませんでした。

昨年も全然いなかったけど、連休は20代らしき人を結構見かけました。

もしかしたら、少しずつ飯豊にも若い人が増えてきているのかもしれませんね。

(って、自分がこんな話をするのは変な気がしますが・・・。)
posted by dai at 20:53| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

本山小屋(大日杉〜大日岳ピストン)その2

翌日は小屋に荷物を置いて、大日岳往復です。
のんびりと起床して、とりあえずコーヒーで一服。

ご飯を炊いて納豆ごはんです。特製チャーシューとレタス、昨日の残りで作った芋煮のカレーうどんなどあって朝から豪勢です。私は朝のプシュもいただきました^^;

連休ということもあり、同じコースを行く人が多いのです。8時過ぎに出発。天気予報によると今日は天気が悪そうですが、今のところ大丈夫です。

でも、風も強いです。外はガスですが、時折晴れたりします。大日岳まで行けるかな〜。ダメそうならば御西で引き返します。

16本山へ.jpg
とりあえず本山に向かう。

少し歩いて本山に到着。昨日に引き続き2回目本山です。よーく考えると、帰りも本山を通るし、明日も行こうと話しているので今回の山行で4回も本山に行くことになります。贅沢ですね〜^^

ダイグラを横目に、駒形山方面に向かいます。本山から駒形山方面に行く時、ガスガスだとちょっと分かりにくいですね。
初めて来たときガスガスだったのですが、その時迷いそうになったことを思い出しました。

駒形山を過ぎて少し歩くと、「だいちゃんでしょ!?」と声をかけられました。初めての人だったので、誰だろう〜と思っていると、なんとブログでよくコメントをくれるタユイチさんお二人でした^^ 
はじめまして〜!昨日大日杉から登って御西に泊ったとのこと。今日下山するようです。
天気も悪いのとクチベタなものであまり話せませんでしたが(笑)、嬉しいな〜。ようやくお会いできました。ちょっと話してから別れました。

17タユイチさんとスライド.jpg
タユイチさんとスライド。びっくり!


玄山道分岐で水を補給。ここの水場は美味しいですね。草月平を越えてのんびりと御西に向かいます。
御西岳の手前で、tamoさんやまことさんたちとスライド。「久しぶりです〜!」とあいさつ^^

 昨日梶川から登って、梅花皮小屋に泊って、今日は切合に泊るそうです。「一緒に切合に泊ろうよ〜」と誘われました。(時間をみて行けそうなら行こうと思いましたが、結局ムリでした。ザンネン〜) 
心なしか一番後ろにいたkonchangはなんだか元気がなさそうでした。(すまぬ・・) 

18tamoさんらとスライド.jpg
tamoさんらとスライド。いえ〜い、ということで、両手でパチン。


御西に到着。松葉さんに挨拶をしました。あ〜今年はまだ御西に泊っていないなぁ・・。松葉さんがいるうちに泊りたいのですが、さすがにもうムリかな。来年また泊りに来ます。
小屋で休憩して、大日岳に向かいます。

時折ガスが晴れて、雪渓が見えたりします。文平の池の近くでは、タイミングよくガスが晴れてキレイに池が見えました。向かう大日岳やオンベ松尾根方面も時々ガスが晴れて顔を出してくれます。

いいな〜、こんなガスの飯豊も好きです。天気がいいに越したことはないのだけれど、晴れや雨、曇、ガス、雪、春夏秋冬でも違うし、同じコースを歩いても、山は毎回違う表情をしていますね。一緒に歩く人によっても、また違ってきます。

自分にはその山の表情をどれだけ感じることができているのだろう。
大好きな飯豊。これからも歩き続けて、もっともっとたくさんの飯豊の表情を見ていきたいです。

19雪渓だ〜.jpg
ガスが晴れて雪渓が顔を出します。

20文平の池.jpg
文平の池。

21大日岳へ向かう.jpg
この急登を登れば山頂だ〜!

最後は急登ですが、がんばって登り切って、ようやくとうちゃく〜!yayoiさんとAikoさんは念願の大日岳だそうです。
自分も久しぶりだな〜。2年前のGWに歩いた時以来です。
でも、山頂付近は風が強くて寒い・・。記念撮影を済ませて、早々に風が当たらないところに退避しました。

23もうちょっとだよ〜.jpg
もうちょっとだ〜!

24大日とうちゃく〜.jpg
大日岳到着〜!

お腹も減ったので、暖かいものを食べようということで、ラーメンを作ろうとザックを開けると、なんと雨が・・。運悪くジャストタイミングです・・。

やまないかな〜と待っているとやんできました。ラッキー! ということで暖かいラーメンでお昼ご飯です。

22オンベ松尾根.jpg
オンベ松尾根。まだ一回しか歩いたことがないので、また行きたい。

ラーメン後、御西小屋に戻ります。登るときは時間のかかるけど、下山はすぐですね。鞍部を過ぎて、御西の登りを登って、15時に戻りました。
小屋でのんびり休憩。松葉さんに見送られて本山小屋に戻ります。やっぱり切合はムリだな〜。

玄山道で水を補給して、3回目の本山を過ぎて、17時過ぎに本山小屋に到着しました。
到着して、「着いたね〜」と3人でワイワイしているいなや突然高橋さんが出てきて「遅いぞ〜」と突っ込まれました。ビックリした(笑)高橋流の再度歓迎です。ご心配をおかけしました。

25さ〜帰ろう.jpg
さ〜帰ろう。


26本山.jpg
本山を越えて。

小屋到着後、さっそく夜ごはんの準備です。今日は、昨日の残りでカレーのリゾットと、yayoiさんが山でずっとやりたかったという、あんかけ焼きそばです。
高橋さんから昨日の御礼ということで、芋とサラダをいただきました。Aikoさんは今日は体調も大丈夫そうで、3人で楽しく夜ごはんを食べました。

27二日目も豪華料理.jpg
カレーのリゾットとyayoiさん念願のあんかけ焼きそば。

翌朝は5時に起床。本山で朝日を見に行こうということで、起きてすぐに4回目の本山に向かいます。いつも朝日が登り切ってからようやく起きるので(笑)、朝日を見るなんて久しぶりだな〜。

雲が多そうですが、なんとか朝日は見れそう。と思っていると、朝日の方面に雲がかかってきて、結局見れませんでした・・。ザンネン。

28朝日.jpg
朝日。残念ながらご来光は見れず。

30だいぐら.jpg
ダイグラ尾根。そろそろいい季節。今年歩けるかな?


この3日間で紅葉が進んだ気がします。大日岳に向かう稜線が、少し黄色く染まっています。

小屋に戻り、ご飯を炊いてのんびりと朝ご飯の準備です。6時を過ぎると他の登山者は全員下山してしまい、急に静かになりました。と同時に、人がたくさんいた時は暖かかったのに、急に寒くなりました。人の力ってすげー。

3人でのんびりご飯を食べていると、高橋さんが下から上がってきて突っ込まれました(笑)8時過ぎにようやく準備ができたので、高橋さんに別れを告げて出発。高橋さんは25日まで小屋にいるそうです。

本山小屋で.jpg
本山小屋で一枚。また来るよ。

登るときは時間のかかる御前坂も下りはあっという間。御秘所で景色を楽しんで、草履塚を登って切合小屋です。上はガスでしたが、下にさがるとガスが晴れました。

31本山を振り返る.jpg
本山を振り返る。

切合でなんだかお腹が減ってきたので、軽く食べます。
長谷川さんに挨拶をして、地蔵岳方面へ向かいます。やっぱり紅葉が進んだみたいで、ダケカンバの御坪も黄色くなってきた気がします。

地蔵岳付近で雨に降られたのでカッパを来ますが、見事に法則が当たり、カッパを着ると晴れました(笑)暑いので脱ぎます。

33紅葉が進んだ.jpg
紅葉が進んだ気がします。

32笛付き.jpg
yayoiさんのザックのチェストベルトが笛になっていることを発見!すごいな〜。
最近のザックは色々な機能があってすごいですね。

地蔵岳からの下りもブナ林がいいですね。飯豊はまだそれほど被害は大きくないけれど、来年朝日からのブナハムシが南下して、飯豊のブナ枯れがひどくなるのだろうか・・。ちょっと心配です。

長之助清水では、家に帰ったらコーヒー用に水をたっぷり補給。ザンゲ坂を慎重に通過して、17時過ぎに無事に下山しました。

34ザンゲを降りる.jpg
ザンゲ坂を慎重に通過。

35無事下山.jpg
無事に下山しました。

2泊3日の大日岳。楽しかったな〜!今年は去年に比べて紅葉が遅いですが、寒くなってきましたし、今年もそろそろその時期ですね。
一緒に歩いてくれたyayoiさんとAikoさんありがとうね〜。

<タイム>
19日 本山小屋8:15〜御西小屋11:00〜大日岳12:40〜御西小屋15:00〜本山小屋17:20

20日 本山小屋8:30〜御秘所8:50〜切合小屋11:10〜地蔵岳14:30〜大日杉小屋17:20

posted by dai at 19:02| Comment(4) | やま | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

本山小屋(大日杉〜大日岳ピストン) その1

連休、yayoiさん&Aikoさんと大日杉〜大日岳に行きました。

今年、本山小屋に泊っていないことが心残りでしたが、小屋に連泊できました。
高橋さんから色々突っ込まれたり、二年振りの大日岳、日曜日は悪天予報でしたが、雨にも降られずガスの飯豊を楽しめたし、楽しい3日間になりました^^


17日金曜日に大日杉小屋に3人で前泊です。他に前泊者が3人くらいいました。
そういえば、いつも車中泊なので大日杉小屋に泊るのは久しぶり。とてもキレイな小屋で快適に前泊できました。
朝4時に起床して、暗い中出発の準備をします。天気は曇っていますが大丈夫そうです。小屋から朝日が登ってくるのが見えました。さすが連休ということで、登山口に車がぞくぞくと入ってきます。6時前に出発です。

01夜明け.jpg
夜明けです。

歩くと暑くなりますが、二週間前の猛暑が嘘のようで涼しい中の歩きです。うーん、涼しいって素晴らしいですね〜。少ししてザンゲ坂に到着。ここは慎重に通過します。

えっちら登り、長之助清水に到着。Aikoさんが少し体調がよくないので、荷物を再分配します。水場でのんびりして、ゆっくりと出発。
すぐに御田の大杉です。ここはいつ来ても思いますが、本当に立派な巨木です。2人も感激していました^^ かつての大日杉もこれくらい大きな杉だったのかな〜。

03ザンゲ坂をこえる.jpg
ザンゲ坂を越えます。

04うろこ雲.jpg
空はウロコ雲。秋だな〜。

05御田の大スギ.jpg
御田の大杉。マンモスみたいな大きな枝が伸びていて、素敵ですね。


前回大日杉から登った時はガスで展望がなかったのですが、今日は展望があります。途中、鍋越山の稜線や三国岳方面の稜線、遠くには朝日や吾妻連峰が見えたりして、気持ちよく登ります。やっぱり展望があるといいな〜。

荷物たっぷりなのでふ〜ふ〜言いながら登りますが、なんとかだまし地蔵に到着しました。
ふぃ〜、ここからは少し楽になります。地蔵岳に到着すると、本山が顔を出しました!いいな〜、地蔵コースからの本山の景色が好きです。

地蔵岳でのんびりと休憩後、出発します。ここから結構下ります。今まで登ってきた分がもったいないよ〜。
若干のアップダウンを越えて、目洗い清水に到着。
ちょっと行った先に本山の展望スポットがあるので、そこで一服。地蔵岳コースや五段山コースは右手に本山を眺めながら歩けるのがいいですね。五段山コースの情報が少ないですが、あそこもいいコースなので、また歩きたいな。

06朝日方面.jpg
 写真では分かりにくいですが、朝日連峰方面。

07地蔵〜切合を目指す.jpg
地蔵岳から切合を目指します。

先からダケカンバが増えてきます。御坪が近くなりますが、このダケカンバの森がいいんだよな〜^^ 
このコースのみどころですね。ダケカンバに囲まれた御坪で一服です。
雪渓コースの分岐を左に歩き、種播山をトラバースして、切合小屋に到着。

「長谷川さ〜ん、また来ました〜」とご挨拶をすると歓迎してくれました。雑談しながら、しばらく小屋でのんびり。「今日は泊っていかないの?泊っていけ〜」と誘惑されますが(笑)、今日は本山小屋までがんばることにします。

08ポーズ?.jpg
○○○○○ポーズを決める二人。

09本山.jpg
右手の本山がいいんだよな〜。

10御坪.jpg
ダケカンバが素敵なオツボ。

切合を過ぎて、まずは草履塚の登り。
本山小屋で水を汲みのが面倒くさいので、切合小屋で5リットル水を補充したので、ザックが重くなってひ〜こら言いながら登ります。
Yayoiさんは前回一緒に縦走した時よりもかなりレベルアップしたみたいで、快適に歩いています。草履塚でとりあえず一服。残念ながら草履はなくなっていました。
この草履塚からの景色も好きです。
大日岳は残念ながら雲の中ですが、御秘所と御前坂、本山が正面にドカンと見えて、また稜線もよく見えて素晴らしい展望です。飯豊の景色は本当に何回見てもいいな〜。

11草履塚に向かう.jpg
草履塚を目指します・

12草履塚にて.jpg
草履塚で一枚〜。

姥権現でしっかりお祈り。
御秘所の岩場はAikoさんはちょっと怖そうですが、慎重に通過。Yayoiさんは二回目ということもあって、快調に歩いています。この御秘所からの景色も素晴らしいんですよね。
大又沢が下に見えます。地蔵岳から本山への名もなき尾根が伸びています。この二つのコースも残雪期にそのうち歩いてみたいな。

御前坂を一気に登り、カフェ御前まで行きます。Yayoiさんが前回すごく気に入ったところなので、今日もここで一服しようと決めていました

12切合方面を振り返る.jpg
御前坂から振り返って切合方面。この振り返った景色も好き。


13カフェ御前.jpg
カフェ御前で一息。

のんびり休憩後、出発。本山小屋まではもう一息です。最後の登りを登り切り、15時30頃、本山小屋に到着しました。
高橋さんには事前に泊ることを連絡していました。いつもどおりの遅いだの色々言われ、高橋流に歓迎を受けました(笑)
とりあえず、ザックを置いてのんびり。少ししてから本山に行きました。ガスが多かったですが、時折晴れて、いい展望です。

14本山からの夕日.jpg
本山小屋からの夕日。素晴らしいなぁ・・。


小屋に戻って、お楽しみの夕食の準備です。
今日はyayoiシェフにお任せメニューで、季節も季節なので、芋煮会をやろうということで、晩御飯は芋煮会でした^^

15芋煮会.jpg
夜は豪華芋煮会!

 Aikoさんはちょっと疲れたのか、あまり食べれず残念。
悪気があった訳では決してないのですが、横になっているところで、「芋煮うまいな〜」とか言いながら食べてしまいました。ごめんね・・。高橋さんにもおすそわけして、そんなで初日が終わりました。


つづく〜。


<タイム>
切合小屋5:50〜長之助清水7:00〜だまし地蔵8:40〜地蔵岳9:10〜オツボ11:10〜切合小屋12:40〜草履塚13:40〜本山小屋15:40
posted by dai at 21:49| Comment(2) | やま | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

暑いと思ったら・・・

暑さも終わり、涼しくて過ごしやすい毎日ですね〜。
助かる助かる^^

と思ったら、来週中旬以降から、冷え込むみたいですね。低温注意報が・・。

http://www.jma.go.jp/jp/soukei/102_000.html

本当に今年は変動の激しい年ですね。

冬、むちゃくちゃ寒くなったりして。
でも、二年連続暖冬小雪だったから、今年はたっぷり降ってほしいですね。
posted by dai at 22:19| Comment(4) | やま | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

日暮沢小屋〜竜門小屋

 5日、朝日の竜門山に行ってきました。
 (なんとカメラを忘れました・・。写真はyayoiさんから送ってもらったのと一部JOさんのを使わせてもらいました)

 4日の夕方、いちごちゃんらから電話があり日暮沢小屋に前泊するとのことで、自分も急遽準備を済ませて18時過ぎに日暮沢小屋へ。2人は16時からやっていたらしく、既に出来上がっていました(笑)自分も交じって3人でワイワイ!
21時半くらいまでだった気がしますが、結局何時に寝たのか・・。

 翌朝起きるとやっぱり・・。あまり飲んでないはずが、飲み方が悪かったのか、気分が悪い^^;
この二人と一緒に飲むと、必ずと言っていいほど飲み過ぎてしまうんだよな〜まったく(笑)

 朝準備をしていると、なんとスターさんがやってきました!緑化ネットの荷上げに来たそうです。お疲れ様です&ありがとうございます。一足先に出発しました。
yayoiさんも合流して、「じゃあ出発するか〜!」というところで、なんとなぎちゃんが登場!お久しぶりです^^ 同じく荷上げに来たそうです。

01日暮沢小屋出発.jpg
 5人そろって小屋の前で記念撮影です。
なぎちゃんは後から出発するとのことで、4人で出発しました。

やっぱり調子が悪いので、ゆっくり歩きます。そういえば、日暮沢から竜門まで登るのはかなり久しぶりです。今シーズン初。もしかしたら昨年も登らなかったかも?しれません。二年ぶりだな〜。
割と急斜面なところがありますが、しばらくすればなだらかになるので助かります。暑くなる予報ですが、気温はそれほど高くありません。

といっても、二日酔いではなかなかしんどく、少し登って休憩です。みんなごめんね>< 
少し休んで出発。しばらくすると後ろからなぎちゃんが近づいてきました。いちごちゃんが「追いつかれるぞ!逃げろ〜」とか騒ぎ始めて、よくわかりませんが(笑)4人で楽しく登ります!^^

左手に稜線が見えてきました。大朝日岳と小朝日岳です。今日は空気が澄んでいるようで、普通ならば見えない小屋もはっきり見えました。

02楽しく歩く.jpg
 楽しく歩きます。

03休憩.jpg
 きゅうけい〜。

 水場で一息です。ふ〜、なんとか酒が抜けてきた。二日酔いで歩くのは何回か経験していますが、本当にあのしんどさは経験しないと分からないと思います^^; 

のんびり休んでいると、なぎちゃんがやってきました。
水場に行く〜、ということで、じゃあ我々は出発しようと準備していますが、なかなか戻ってきません。あんまり来ないので心配で見に行きましたが、どうやら下まで下ってしまったそうです。
しばらくすると戻ってきました。よかったよかった^^ 

 気を入れ直して出発です。水場から歩いて少しすると稜線が近くなり、急に視界が開けます。
後ろを振り返ると、葉山と月山がキレイに見え、蔵王も面白山や船形山方面まではっきり見えます。今日は本当に視界が良く、月山と葉山の間には、神室山?栗駒山だか分かりませんが、よく見えました。いいな〜今日は本当に気持ちがいい。

04蔵王がはっきり.jpg
 蔵王から面白山、船形山まで見える!


05月山と葉山.jpg
 月山(左)と葉山(右)。
 ちょっと分かりにくいけど、間に神室か栗駒が見えます。

06よくわからんが・・.jpg
よくわかりませんが、、自分のポーズになったみたい・・。


 清太岩山に来ると大朝日岳〜以東岳までの主稜線がはっきり見えます。
いいな〜、本当に今日は空気が澄んでいて、素晴らしい大絶景です!年に一回あるかないかくらいの展望のよさです。カメラを忘れたのが本当に痛い・・・。

ここからは稜線歩きです。しばらく歩くと、狐穴小屋管理人のアダチさんにお会いしました。小屋番を終えて下山するとのこと。お疲れ様です。
ユーフン山を過ぎると、荷上げを終えたスターさんが戻ってきました。早いな〜。

07大朝日岳.jpg
大朝日岳と中岳。

のんびりと歩き、竜門山を登りを登り切って、分岐からちょっと南に歩いて、竜門山山頂へ。分岐は展望が悪いですが、少し歩いて山頂まで行くと展望が開けます。

飯豊が見えました!石転び沢がはっきり見えます。本当に石転ビ沢の部分だけ白くてなんだか感激してしまいました。すごいな〜!
竜門山から竜門小屋へ。持ってきたネットを小屋に置いて5人揃って楽しく昼食です。本当に今日は素晴らしい展望です。

09竜門山から飯豊.jpg
 竜門山から飯豊です。 
写真じゃ分かりませんが、石転ビ沢が見えました。
その部分だけ白くて、あれを登るんだからすごいよな〜。

10竜門小屋へ.jpg
 竜門小屋へ向かう。

11ネットを取りだす.jpg
 ネットを取り出します。
 ※ネットは3階にデポするようになっています。

13以東岳へ縦走したい.jpg
 竜門山から寒江山、以東岳方面。縦走したい!

12竜門小屋で一枚.jpg
 竜門小屋で記念撮影です。


 一足先になぎちゃんが出発。私たちもしばらくしてから出発しました。
竜門山に登り返して、分岐から日暮沢小屋へ。やっぱり暑いな〜。時々雲のおかげで日陰になって助かりますが、陽が差すとやっぱり暑い。
ユーフン山と清太岩山の登り返しがきついですが、のんびり下山します。水場で一息ついてから、無事に日暮沢小屋に下山しました。

今回は本当に空気が澄んでいて、展望がよく素晴らしい山行になりました。またバッタリもあり、嬉しいサプライズがあり、楽しかったです。皆さまどうもありがとうございました^^

○タイム
 日暮沢小屋6:50〜ゴロビツ水場8:00〜清太岩山9:30〜竜門山10:50〜竜門小屋11:15 
出発12:05〜日暮沢小屋15:10

14ひどいブナ枯れ.jpg
それにしても、朝日はブナ枯れが深刻です。本当にボロボロになっています・・・。
紅葉しているのかと思ってしまうほど。今年はクマさんも餌がなくて困っているのではないだろうか。。



posted by dai at 22:36| Comment(2) | やま | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

梅花皮小屋で集合!(梶川ピストン)

前泊して深夜2時過ぎにヘッデンをつけて、本山小屋に向かって出発。

梶川を上がって、午前中のうちに本山小屋についてのんびりして、高橋さんのお手伝いでもしようかなと思っていました。空は満天の星空で、月が出ていて月明かりで思ったよりも明るいです。

登山者カウンターを過ぎて、ナラノキ曲がりでとりあえず一息。夜で涼しいけれど、それでもやっぱり汗が流れます。
昨日寝酒で流し込んだビールが良くなかったのか、どうもお腹の調子が良くない。最近腹が弱くなったかな・・。

01天狗平を出発.jpg
天狗平を出発。まだ真っ暗です。

ナラノキ曲がりを出発して、湯沢峰です。時間は3時50分。まだまだ暗いです。滝見場まで来ると、ようやく空が白んできて、五郎清水で夜明けを迎えました。うーん、やっぱり明るい方が良い(笑)
でも、陽が差してくるとやはり暑いですね。後ろからの日差しが痛い。
昨日、おそらく門内小屋に泊ったと思われる登山者とスライドして、のんびりと三本カンバ、トットバを過ぎて、梶川峰に到着しました。

天気は快晴でしたが、扇ノ地紙からの稜線を過ぎると、雲がかかってきたようで、時々視界がなくなります。ちょっと寒いくらいです。門内小屋に到着。誰もいませんでした。

02空が明るくなってきた.jpg
滝見場で空が明るくなってきました。

03夜明け.jpg
五郎清水で夜明け。朝日が美しいです。

04三本カンバそば.jpg
三本カンバのそば

05梶川峰.jpg
梶川峰とうちゃく!

06昨年の作業地.jpg
昨年の作業地。排水路の一部が埋まっていました。ネットからは芽吹きがありました。

07トリカブト.jpg
トリカブト

08稜線を行く.jpg
稜線を行きます。

 門内小屋で一息ついて、一気に梅花皮小屋へ。
関さんが管理棟の前にいました。「先週は御世話になりました〜」とか話していると、今日、梅花皮小屋にkenrokuさんマリさん、いちごちゃんJOさん、ハイジさんも梅花皮小屋に泊るとのこと。

今日の目的は本山小屋で高橋さんに会うことでしたが、みんな来るなら泊っちゃおうかな〜と、気持ちが揺らいでしまい、関さんから「こんな時間からなにすんだ〜」と言われましたが、結局梅花皮小屋に泊ることにしてしまいました(笑)

なんとまあ、意思が弱いこと・・・。

kenroku夫妻とあともう一人は石転びから上がってきて、いちごちゃんらは梶川、ハイジさんは丸森から来るそうです。

09梅花皮小屋.jpg
梅花皮小屋が見えた

 関さんは石転ビ沢方面にパトロールに行くそうで、「何か仕事ないですか」と聞いたのですが、干している毛布を裏返すことくらいなので、毛布の横で空を見たりして、寝ることにしました。
実は朝早かったからか、気がつくと爆睡してしまい、起きると関さんが戻ってきていました^^;

10ぼんやり空を眺める.jpg
 空を眺めてお昼寝。

 時間は11時過ぎ。関さんとお昼ご飯に冷麦を食べていると、先週もお会いした小林さんが石転ビ沢から上がってきました。毎週お疲れ様です。
しばらく待っていると来た来た。Kenrokuさん&マリさん、そしてもう一人はこだまっちでした^^ 3人とお会いするのは一年ぶりくらい。久しぶりだな〜^^

ということで、さっそくカンペイです!(実は既に一杯やっていましたが・・)いちごちゃん達から「練習しないで待っててね」ということでしたので、練習はしないで本番をして待っていました(笑)

しばらくして、いちごちゃん&JOさん登場。 時間はまだ1時過ぎたくらいだけど、大いに盛り上がります。こだまっちが持ってきた日本酒が美味い!16時過ぎにハイジさんも登場!

今日のメンバーは本当に飯豊で知り合った仲間です。
いいな〜、飯豊で知り合った仲間とまたバッタリ飯豊で会って、楽しく飲む。
そして今回もいつものように先輩方にたっぷりといじめられ可愛がわれました。参ったな^^; 
開始時間が早かったので、健全(?)に夜は20時くらいで切り上げました。(関さん、色々とご迷惑をおかけしました・・・)

11めおとやま&こだまっち.jpg
めおとやま&こだまっち登場

12いちご夫妻も登場.jpg
いちごちゃんJOさん登場。もっともな意見のTシャツ(笑)

13一次会.jpg
ワイワイ盛り上がりました!

14朝の様子.jpg
夜、の風景ではありません。朝です^^;

朝のんびりと起床して、のんびりと朝ご飯。一足先にこだまっちが出発し、掃除をしてから出発するkenrokuさんらと別れて、いちごちゃんJOさんハイジさんと梶川を下山することにしました。

15こだまっちと別れて.jpg
こだまっちと別れて

16めおとやまと別れます.jpg
kenrokuさんマリさんと別れます。

17北股山頂.jpg
北股山頂

18ギルダ原をいく.jpg
ギルダ原を行く。ここは気持ちいいんだよな〜

19胎内尾根.jpg
胎内尾根。また今度行きたい

20梶川尾根.jpg
梶川尾根

21いちごちゃん.jpg
いちごちゃん(笑)

下に来ると気温が上がってきて大変でしたが、無事に下山。下山後は飯豊山荘で汗を流し(石転ビ沢を下ってきたkenrokuさんと合流)、天狗平ロッジで竹田顧問と合流。「反省会やる?」とかいう流れになってきてしまい、ビーも出てきて、「飲んだもんがち〜!」とかいうことで、結局反省会に^^:
その夜も結局、同じメンバーで楽しく飲んで、(またたっぷりいじめられ可愛がられ)、翌朝早朝に鶴岡に戻りました^^;

22ナラノキ曲がりから.jpg
ナラノキから飯豊山荘

23ロッジで反省会.jpg
なんと天狗平ロッジで反省会に・・。

 梶川登って本山に行くはずが、まさか梅花皮小屋でみんなに会って、しかも反省会まですることになるとは思っていなかったな〜。ほんとビックリ!久しぶりの反省会で翌日はかなり疲れました(笑)
でも楽しかった!
次みんなに会うのは登山道整備かな?なんて、その前にまたバッタリがあるかもしれませんが^^;

ありがとうございました。


<タイム>
28日 天狗平2:30〜湯沢峰3:50〜滝見場4:30〜五郎清水5:10〜梶川峰6:10〜門内小屋7:10〜梅花皮小屋8:20
29日 梅花皮小屋7:50〜門内小屋9:00〜梶川峰10:10〜湯沢峰11:50〜天狗平13:00
posted by dai at 21:19| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

梅花皮小屋で集合!

梅花皮小屋で集合.jpg

 週末は、一人で梶川から本山に行く予定だったけど、予定変更で梅花皮小屋でサプライズ三昧。
 飯豊で出会った仲間と、バッタリで大集合になりました。
 しかも天狗平ロッジで反省会〜。

 楽しかったけれど、今日一日ちょっと辛かった・・。
 みんなありがとう〜。

 今日もまだ燃え尽き状態なので、詳細は後日に^^;


 ※写真はkenrokuさんからもらったものですm(__)m
posted by dai at 23:22| Comment(2) | やま | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

月山

 なんだかバタバタしていたので今頃の報告ですが、8月8日に姉が家に遊びに来ました。
 山なんか全然やらない姉ですが、「山に行きたい」というので、お手軽に月山に行ってきました^^

01白装束の行者.jpg
月山は白装束を来ている信仰者や法螺貝を吹いている山伏に会うこともできます。
他の山にはない、独特の山ですね。

02天狗さんにバッタリ.jpg
 「ほい、だいちゃん!」と呼びかけられ、顔をあげるとなんと天狗さんが!
最近山に行くと必ず知り合いにあって楽しいなぁ。
しかし、月山で天狗さんにお会いするとは、全く予想していなかったので、話しかけられた時すごくビックリしました!
人を案内(?)しているとのことです。色々と雑談してから別れました。

03行者返し.jpg
 行者返し。
 かつて行者が羽黒山から登ってきて、修行が足らないからと戻されたところらしいです。

04月山山頂小屋.jpg
 月山山頂小屋。小屋のご主人の芳賀さんと奥さんが歓迎してくれました^^

05地塘.jpg
 下山して、弥陀ヶ原の地塘。月山の地塘は美しいです。

06花火大会.jpg
 夜は花火大会。花火を見ながらのビーは格別だなぁ・・・。

 姉ちゃんも満足して帰ってくれたみたいです。よかったよかった^^

 14日〜15日は飯豊に入るつもりだったのですが、大雨で諦めました。台風以降、天気が安定しないけど、そろそろ安定してきたみたい。
 でも残暑が厳しくて、毎日暑くて大変ですね。
posted by dai at 18:00| Comment(3) | やま | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

健康であること

常に心がけていること、心に留めていることがあります。

それは健康第一ということです。

チキンなので、歩けなくなってしまったことを時々考えます。

山が好きということだけが取り柄なので、(それも取り柄じゃないかもしれませんが・・ははは〜)もしも自分が山を歩けない身体になってしまったとしたら、
山でみんなと歩いたり、笑ったり、そういうことができなくなったとしたら、

そんなことたまに考えます。


健康だからこそそういうことができるのであって、

やっぱり健康第一だと思います。


といいつつ、あまり自分の身体を大切にしていませんが、でも、山から下山した後、自分の身体に「おつかれさん」と思うようにしています。


当たり前のことだけれど、健康第一ですね。

大切にしたいことの一つです^^
posted by dai at 22:07| Comment(2) | やま | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

頼母木小屋に行ってきました

 24日〜25日、丸森尾根を上がって、頼母木小屋に行ってきました^^

 朝7時にハイジさんと天狗平ロッジで待ち合わせです。梅雨明け後の猛暑が続いていて、今日も天気が良く暑くなりそう。
準備段階で既に暑いです・・。のんびりと準備をして、出発です。

 歩き始めて、丸森はしばらく直射日光まともゾーンが続くので、暑い・・。ハイジさんは以前丸森で熱中症になったことがあるらしく、日陰を見つけて少し休んだり、こまめに水分補給を心がけます。

01暑い中を行く.jpg
 直射日光直撃です。あちぃ〜。

今日の目的ははっきりいって頼母木小屋での宴会なので(笑)、頼母木まで行けばいいので、暑いし無理をしないでのんびり歩きました。

 02ハイジのトマト.jpg 
 ハイジさんが持ってきたトマトを食べます。暑い時に食べるトマトは美味しい。

03だいぐら.jpg
だいぐら。今日HZUさんが上がっていると思います。
ダイグラも暑いだろうな〜。

05カブトムシ.jpg
 カブトムシを見つけました。


 登山道上は道刈りがされていて、刈り払いされています。昨日か一昨日くらいのものかと思っていましたが、どうやら今日作業をやっているみたいです。

 夫婦清水で、作業者と会いました。暑い中、本当に御苦労様ですm(__)m 少し話をしましたが、暑いので暗いうちから作業に入って、今日はもう少し作業をして下山するとのことでした。「ありがとうございます」とお伝えし、私たちものんびり休憩します。

 夫婦清水からは先は樹林帯なので助かります。天気はピーカンでしたが、徐々に曇ってきました。時々雨がぱらついたりして、急に天気が変わってきました。
丸森峰まですぐかな〜と思っていましたが、なかなか着きません。まだかな〜、まだかな〜と思って、やっと到着しました。

06丸森峰直下の荒廃地.jpg
 今年の保全作業地の丸森尾根上部。 丸森の荒廃もかなり進んでいます。


天気はすっかりガスって来て、でも暑くないので助かります。昨年の保全作業地を越えて、この辺からチングルマが群生していました。
今時期に咲いているなんて、きっと遅くまでこの辺は残雪が残っていたんでしょうね。そんなで、地神北峰に到着です!

08ツガザクラとイワカガミ.jpg
ツガサクラとイワカガミです。

 地神北峰では、昨日頼母木に泊って今朝エブリを往復したという男性に出会いました。埼玉から来て、川入まで縦走するみたいです。
「気をつけて」と別れの言葉を交わして、頼母木に向かいます。頼母木から先は、がすがすですが、ニッコウキスゲが群生していて、デリンちゃん(イイデリンドウ)も少しですが咲いていました。


10チングルマ群生.jpg
チングルマの群生。

11ニッコウキスゲ群生.jpg
ちょっと分かりにくいけど、ニッコウキスゲも群生していました。

12デリンちゃんも.jpg
デリンちゃん!(イイデリンドウ) 
でも、天気が悪かったので、ほとんど花は閉じていました。。。残念。

 13時前に頼母木小屋に到着。
一息して、さっそくハイジさんと一杯です。足ノ松から登ってきているいちごちゃんとJOさんは14時くらいと聞いていましたが、それよりもかなり早くにやってきました。
久しぶりの再会^^ 本当はkenrokuさんとマリさんにも会える予定だったのですが、残念ながら今日は来れなくなってしまったとのこと。

「飲みますか!」、ということで、4人でかんぺ〜い!
久しぶりの飲みで、ワイワイ楽しくやります。管理人の石川さんも交じって、宮城から単独で石転びを登ってきたという、ま〜は〜さんも交じって、6人でワイワイ!

いちごちゃんはスイカやら氷やら持ってきていてさすがです。
泡盛と自分が持ってきゴーヤーチャンプルーがそろい、今日は沖縄料理が揃いました(笑)
何を話したかあまり覚えていませんが、いちごちゃん&JOさんとは久しぶりの飲みで、管理人の石川さんは初めて会いましたがとても面白い人で、学生の若いま〜は〜さんも楽しく、途中名前分かりませんが一人男性が交じって、そんなで楽しい時間が流れていきました(笑)

二次会は管理小屋で。でも、開始が早かったので、健全に21時前には寝ましたよ。

13一足先にかんぺい.jpg
到着後、まずはハイジさんと一杯。でも写真ブレブレ〜。

14いちごちゃんら登場.jpg
いちごちゃん&JOさんの登場。

15なんとスイカ.jpg
なんといちごちゃんが担いできたスイカ!

16宴会中です〜.jpg
みんなで宴会中です〜!

朝はのんびりと起床し、ハイジさんはまだ寝ているので、いちごちゃんJOさんと、朝のカンパイ。
昨日飲み過ぎて、酒がビーしか残っていませんでした。もう少し飲みたかったけど、まあのんびりして、ハイジさんも起きてきて、コーヒータイム。
ラーメンを作って朝ご飯です。朝ご飯後、またもコーヒータイムで、8時前に出発することにしました。

頼母木で集合!.jpg
 四人で記念撮影。

 4人で記念撮影をして、石川さんにもお礼を言って、2人と別れました。

天気はガスガス〜。天気良かったら梶川を下ってもいいと思っていましたが、丸森を下山することにしました。
標高がさがってくると、ガスが晴れてきた。気温も上がってきたけど、のんんびり下山。12時前には下山し、お風呂に入りました。

17ヒメサユリ.jpg
登るときは気付かなかったけど、ヒメサユリが少し咲いていました。

18侵入防止のテー@プy.jpg
丸森尾根は下山の時に、2箇所ほど間違えやすいところがありますが、そこには侵入防止に入り口にテープがありました。

19天狗平ロッジ.jpg
 天狗平ロッジが見えた。でも見えてからが長い〜。

下山後は天狗平ロッジに移動し、武田顧問が小屋にいました。
お昼御飯に冷やし中華を食べて、コーヒー飲んでのんびり。HZUさんと竹爺さんが石転びを下ってくるとのことだったので、せっかくなので、管理人室でのんびり2人を待つことにしました^^

14時過ぎに2人が下ってきて、挨拶して帰りました。

20下山後は天狗平ロッジでのんびり.jpg
下山後は、天狗平ロッジで冷やし中華を作って食べてのんびり。


今回、のんびりだったけど楽しかったな〜。最近のんびりばかりな気がしますが、本当に楽しかったです。
お会いした皆さま、どうもありがとうございました。

<24日>
天狗平7:25〜丸森峰11:35〜地神北峰12:30〜頼母木小屋13:00

<25日>
頼母木小屋8:00〜丸森峰9:10〜夫婦清10:10〜天狗平11:30
posted by dai at 21:57| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

頼母木で集合

頼母木で集合!.jpg

丸森上がって、頼母木小屋に(宴会に?)行ってきました。

いちごちゃん&JOさんとクリスマス以来の久しぶりの飲みでした。

管理人の石川さんも面白かったな〜。他にも色々出会いがありました。

楽しかった〜!
posted by dai at 18:14| Comment(3) | やま | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

山さんの草刈り

 連休は、毎年恒例となった山さんの草刈りに行ってきました。

 今年、自分は長井口の祝瓶山荘班で草刈りだったので、角楢小屋には行くことができない予定でしたが、長井口の作業が予定よりも早く終わり、急遽角楢班に合流し、みんなに会うことができました。

 毎年思いますが、楽しかったな〜。
 本当に楽しかったです。

 山さんの草刈りのいいところは、草刈りだけが目的ではなく、また誰でもウェルカムなところです。
 作業をする人、サポートする人、周辺をのんびり散策する人もいたり、写真を撮る人がいたり、話し相手になってくれる人、小屋で食事を作ってまってくれている人。
各自自分ができることをやって、それで楽しく集まれればいいねというそんな雰囲気です。

 なかなかこういう山の集まりはないと思います。
 (みんな言いたい放題いいまくりですが・笑)来る人みんないい人で、本当に楽しかった。

 山を通して仲間が増えて付き合いが深まって、本当に楽しくて、これからも楽しく山と仲間と向き合って行きたいと、そう思いました^^

 山にも自然にも仲間にも感謝感謝! ありがとうね〜。


01角楢小屋.jpg
 角楢小屋で、大宴会。

02イワナスシ.jpg
 なんとイワナ寿司が登場。うまかった〜!
昨年は豪雨の中で天ぷらをやってそれも驚きましたが、今回は寿司ですよ。
シースーです(笑)
しかもその場でさばいてその場で握った寿司です。

 でもこういうのも遊びなんだそうです。こういう感じで楽しく遊ぶの大好きです。



 草刈りの詳細報告などは、後日山さんのホームページにアップされると思います。
 秋には芋煮会があって、冬はウサギ巻きなど、角楢小屋周辺でよく遊んでいるので興味のある人は遊びに来てくださいね。

 山さんのホームページは下です^^
http://www2r.biglobe.ne.jp/~yama-san/
posted by dai at 22:51| Comment(6) | やま | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

朝日連峰山開き

 週末は朝日連峰小国口の山開きに参加してきました。

 山さんが角楢小屋に来るとのことで、前泊することにしました。小屋の清掃等を終わらせ、とりあえず前夜祭です。
 いつもどおり豪華料理で、ビーやらワインやらで盛り上がり、翌朝に備えて早めに寝るつもりが結局日付が変わる30分前まで飲んでしまいました・・・。

 翌朝起きると、空がどんよりしています。山開きはA〜D班に分かれていますが、私はA班の平岩山班です。 
この角楢小屋を通るので、班が到着したら一緒しようと考えていました。

 朝ごはんを食べて待っていると雨が。それも結構強くなってきました。
「うーん、今日は小屋でのんびりしていようかな。でもそれじゃ怒られちゃうかな」と思いながらA班の皆さまを待っていました。
リーダーは関さんのようです。7時過ぎに到着しました。
コーヒーで皆さまを迎えます。先日訓練でお会いしたいっちゃん、雅子さん、久しぶりのさっちゃんたちと再会です。

 角楢小屋で休憩していると、雨がやんできました。よーし、じゃあ行くか!ということで出発。
 が、また雨が。。。雨具を来ているとは暑いですが、我慢して歩きます。大玉沢を過ぎて、いよいよ登りになります。

01雨だよ〜.jpg
雨具を着て歩きます。

02雨だけどつつじがキレイ.jpg
 つつじがキレイです^^


 えっちら登っていると、空が明るくなってきて雨も止みました。
やった〜!雨具を脱ぐとやっぱり快適です!

青空も出てきて、そしてブヨも出てきた(笑)

 再び登り始め蛇引の清水(雪渓の中でまだ水は取れません)を過ぎて稜線に出ます。
雨上がりのなかを歩くのもまた気持ちがいいですね。空気が澄んでいるので山並みがキレイに見えますし、頬に当たる風が気持ちいい。
ブナなどの葉について水のしずくもまた良いです。

03晴れてきた.jpg
 晴れてきて祝瓶山です。

04稜線に出た.jpg
 稜線にでると景色が開けます。目標の平岩山はあれだ〜!

 05気合入れ直し.jpg
 稜線を歩きます。

 06大玉稜線.jpg
 大玉山稜線。今年も草刈りやるぞ!

07シャクナゲ.jpg
 シャクナゲがきれいに咲いていました。

 快適な稜線歩きです。少しくらい雪あるかな〜と思っていましたが、結局最後まで雪歩きはありませんでした。

 08もうちょっと.jpg
 あとちょっと。かしましーずと平岩山です。

 09着いた〜.jpg
 着いた〜!かしましーずの皆さま、関さん、横山さんと一枚。

 10大朝日岳.jpg
 大朝日岳が良い。次は山頂まで行きたいな。

11祝瓶山がよい.jpg
 祝瓶山の山様は良いですね。

 山頂で皆さまとのんびり。昼ごはんを食べて、皆さんで記念撮影です。 
 あまり時間もないので、しばらくして下山しました。

12下山.jpg
 下山開始です。

 無事に17時前に登山口に到着です。昨日夜遅くまで飲んでいたので、途中眠くなりました。。
 下山後はリフレでお風呂に入って、参加した皆さまと大懇親会となりました。

13下山後は懇親会.jpg
 いつもお世話になっている初男さんから挨拶です。

 懇親会後はふもとに泊って、軽く二次会をやってから就寝しました。


 朝日連峰小国口の山開きは初めて参加しましたが、とても楽しかったです。スタッフの皆さま、色々お世話になりました。
お会いできた皆さま、どうもありがとうございました。


<タイム>
角楢小屋7:10〜大玉沢出合8:00〜蛇引の清水9:30〜稜線10:00〜平岩山11:50 12:15発〜大玉沢出合15:00〜登山口16:50
posted by dai at 21:31| Comment(2) | やま | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

春山合同訓練に参加してきました。

 山形県山岳連盟主催の春山合同訓練に参加してきました。

 訓練は土曜日の昼からですが、金曜日の夜になぜか前泊です。
実は朝に倉手山を登ろうと考えていました。しみけんさんも誘って、朝の6時前に集合です。

 倉手山はいい山ですね。展望も素晴らしいし、割と急斜面なので一汗かくこともできますし、それでも1時間30分もあれば十分山頂に立てます。
鶴岡からは遠いので。倉手山だけに登ろうとすると大変ですが、こういうちょっと行ってきたい、という時にはとてもお手軽な山です。それに飯豊の展望が本当に素晴らしい!

 GWに来た時は残雪が多くありましたが、コース上にはほとんど雪はありませんでした。
 残念ながら今回はガスガス〜。でもしみけんさんと楽しく登りました。山頂で朝食、そしてモーニングコーヒーで一息。ふぃ〜。
 8時30分過ぎに下山。いい汗をかきました。

@倉手山.jpg
 倉手山へ。でもガスガス〜でした。


 9時から天狗平ロッジの小屋開きなので、ロッジに移動し、みんなで楽しく作業しました。tamoさんやかしましーずやobake隊長、小国山岳会の皆さま。久しぶりの仲間に会えて、うれしい☆
お昼は山菜のテンプラと冷麦、そして、軽く一杯も・・・。

A小屋開き.jpg
小屋開きが終わり、みんなでワイワイと冷麺を食べました!


そんな調子で、午後からは座学です。

座学ではロープワーク、救急法、救助者の運送法、滑落停止の姿勢確認、をやりました。
昨年の復習も多くありましたが、何回も勉強して、いざという時に使えるようにすることが大切ですね。

昨年の様子は下記です。

http://taikidaiki.seesaa.net/article/120718804.html

B座学.jpg
 運送法はまたHZUさんが新しく編み出した方法が初披露されました。
今まではオシメが必ずあったのですが、それがなくてもいいだろうという、さらにシンプルな発想だそうです。
 うーん、勉強になるなぁ。

 滑落停止の畳上のイメージトレーニングはすごくよかったです。
ボクシングの姿勢で脇をしめる。翌日の予習になってよかった。

 (といいつつ、ナイショですが、ビーが少し回って途中眠くなりました・・。)
 
 
 夜は楽しく宴会です。待ってました!
初めましての人もたくさんいて、楽しくみんなでお酒を飲みました。

 
 翌日は、いよいよ実技訓練です。訓練場所は石転沢出合です。
豪華な朝ごはんを食べて、7時30分に出発!
 
C石転びへ.jpg
 出合に向かいます。

DHZUさんの山菜講座.jpg
 うまい水でHZUさんの山菜講座。

Eサンカヨウ.jpg
 途中花もたくさん咲いていました。こちらはサンカヨウ。
 雪融けしてところからカタクリが花を咲かせていて、キクザキイチゲやオオバキスミレなどキレイだったなぁ。

 石転出合で声を掛けられました。
昨年本山小屋でお会いしたはずの方ですが、ごめんなさい、その時は名前が思い出せませんでした・・。
 別れてからちょっと考えて、、
そうだ!大日杉から登った時に、本山小屋で一緒に飲んだ、koizumiさんのお友達のasanoさんでした!
 ブログを見てくださっていると言っていました。(ありがとうございます)

 そうそう、あの時はハイジさんと大日杉から登って、まっちゃん先生やスターさんとバッタリがあったりして、あの時もすごく楽しかったな。懐かしい。
http://taikidaiki.seesaa.net/article/123505341.html



さて、思い出はこのくらいにして、いよいよ訓練です。

訓練は雪上歩行、滑落停止、懸垂下降をやりました。


雪上訓練で自分が学んだことを羅列しますが、自分用のメモなのであまり参考にしないでください。

<キックステップ登り>
 振り子のようにしてけりこむ。
 足は常に同じ向きだと疲れる。ガニ股にしたり、左向き、右向きにしたり、足の向きを変えると疲れにくい。

<キックステップ下り>
 踵から降りる。
 少し斜面が急になったら膝を使って、しっかり踵から降りる。疲れるが膝を曲げた方が安定する。
 急斜面になったら、体と足を横向きにして、ピッケルとつきながら降りる。
 超急斜面は、クライムダウン。 体の向きを後ろにし、ピッケルをつきながら後ろ向きのまま下る。

<トラバース>
 山足は進行方向。谷足は斜面と同じ向き。目線は進行方向。

<滑落停止>
 脇をしめる。これが本当にポイント。

<アイゼン歩行>
 アイゼンをつけているということを強く意識。
 なるべく全ての爪を雪面に効かせるように。

<懸垂下降>
 まずはセルフビレー。
 支点のスノーバーはとがっている方を谷側にする。重力に対して垂直より山側に17度くらい倒した状態で打ち込む。そして谷側は少し雪を切っておく。
 支点は流動分散で。
 カラビナにはムンターヒッチで。登る場合はプルージックかクライムヘイスト。

 ロープは摩擦で止まるのではない。屈曲角度である。角度が大きければ大きいほど、止める力が強くなる。


 こんな感じかな?たぶん、そのうち加筆修正します。復習しなければ・・・。


F実地訓練.jpg
 講師の岳さんです。


 今回も大変勉強になりました。
 訓練終了後は記念撮影。あ〜帰るのもったいないなぁ。
 このまま上に行って梅花皮小屋に泊りたいね、なんて話をしましたが、本当にそんな思いでした。

  
 教えてくださった小国山岳会の皆さん、どうもありがとうございました。
 勉強にもなったし、みんなにも会えたし、何よりも楽しかったです。
 ありがとうございました^^

G次は上まで.jpg
 石転沢。次回は上まで行くぞ!
posted by dai at 21:47| Comment(4) | やま | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

春山合同訓練

春山合同訓練に参加してきました。

久しぶりの仲間にも会えたし、訓練も大変勉強になりました。

そして何よりも楽しかった〜。

現実に切り替えるのが毎回大変です(笑)

みんなありがとうございました。


春山訓練記念撮影.jpg
posted by dai at 22:03| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

朝日連峰前衛・茶畑山、戸立山(残雪&やびぃ)

 22日、左京淵ダムの南尾根から、朝日連峰の前衛の茶畑山、戸立山に行ってきました。
この二つの山は、以東岳の北稜線にある山で、かつて朝日軍道という米沢から鶴岡に至る道がついていたそうです。
今のこのルートは登山道がなく藪なので、積雪期限定のルートです。(といっても、既に結構やびぃでした・・・)

 6時30分に左淵京ダムに到着。地形図をみて登る尾根を探します。
途中に雨量観測所があるので、おそらくそこまでは道があるだろうと思っていたで道を探しますが登り口が分からない。
沢の方向に道があるのでそっちに行きますが、どうも釣道?のようです。
めんどくさいので途中から尾根へ向かって藪を漕いで直登しました。

尾根に出ると、しっかりと道がありました。
「なんだよ〜、今までの藪こぎはいったい・」と思いつつ、少し歩くとすぐに雨量観測所に到着しました。

01雨量観測所.jpg
雨量観測所です。今も使われているようで、キレイでした。

 雨量観測所を過ぎると道が藪になりますが、なんとなく踏み跡があり、多少藪ですがそれほど問題はありませんでした。
残雪に乗れるようになると、ふと小屋のようなものが。どうやら旧雨量観測所のようです。地形図に出ている雨量観測所は昔のもののようで、新しいものは少し標高を落としたところにあるようです。

02新緑と残雪.jpg
残雪と新緑が美しい。
 
 今日も天気が素晴らしいです。
歩いていると残雪の中のブナの芽吹きが美しく、鳥の鳴き声も素敵です。気分良く気持ちよく登ります。
といっても、残雪は少なめ。途中、藪になったりしました。芽吹き前とはいえ、低木の藪は通過に時間がかかります・・。
なかなか大変で、体力が削られていきます・・。

 景色が見えるようになり、朝日軍道の北からの稜線、芝倉山や葛城山が見えてきました。朝日連峰の葉山から主稜線を越え、茶畑山、高安山へと昔の人は歩いたのですから、大変な旅だったのでしょうね。

03芝倉山と葛城山.jpg
稜線が見えてきた。芝倉山と葛城山です。
昔はこの稜線に朝日軍道が作られていたのですね。

最初の方は元気でしたが、藪で疲れたのか、茶畑山直下付近で、足が重くヘロヘロに・・・。
今日は戸立山くらいまで行きたいと思っていましたが、「茶畑まででいいかな〜」なんて弱気になってしまいました・・。

04茶畑山が見えた.jpg
茶畑が見えました。この辺でヘロヘロに・・。

 なんとか茶畑山山頂に到着です!
朝日軍道の稜線が見え、戸立山の先に以東岳と以東小屋がちょこっと見えました。稜線は途中藪もありますが、結構残雪に乗れそうです。戸立山に登ったら、以東岳がドカンと大きく見えそう!

05茶畑山頂〜戸立山、以東岳.jpg
茶畑山山頂から戸立山、その先に以東岳が見えます。
戸立山の上からは、以東岳の展望が素晴らしそうです。

 一息ついて元気も出てきたので、戸立山に向かいました。
藪を漕いだり残雪に乗ったりしながら歩きます。
左手には赤見堂岳〜大桧原山の稜線が見え、その先に月山が見えます。遠くには鳥海山も見え、天気は相変わらず素晴らしいです! 
藪と残雪を越えて、やっとこさ戸立山の山頂に到着しました。

06月山.jpg
月山が見えました。

07戸立山へ向かう.jpg
戸立山を目指して、もうひと頑張り。

08スキーで滑走できたら?.jpg
スキーで滑走したら気持ちよさそうな斜面です。
まだそんなに滑れませんが、そのうちテレマークターン決めまくりで、こういう斜面を爽快に滑走してやる!

09以東岳.jpg
戸立山山頂に到着!以東岳が大きい!

 山頂からは予想どおり以東岳とオツボ峰が大きく見えました。三角峰もすぐ近くでその先からは夏道が出ています。素晴らしい景色の中で、昼食とすることにしました。

09-2以東岳をバックに.jpg
せっかくなので、記念撮影。

 のんびりして、昼寝を済ませてから出発です。来た道を戻ります。まだ藪を漕いだりして大変でしたが、15時に無事に下山しました。

10戻る.jpg
来た道を戻ります。

 
 今回、結構藪出てたな〜。疲れました。
今年は残雪が多いですが、そろそろ残雪の山も終盤のようです。

山では季節の変化、移り変わりを肌感じることができて、それが大好きです。
高山植物が咲き乱れる初夏はもうすぐですね。楽しみにしています。


○タイム
左京淵ダム南6:30〜雨量観測所7:30〜茶畑山10:00〜戸立山11:30 (昼寝後12:30発)〜左京淵ダム15:00

11下山するとニリンソウ.jpg
 下山後、ニリンソウが咲いていて、キレイでした^^


 ※下山後視察し、泡滝ダムまでは、なんとか車で入れました。
が、ダム手前に雪崩や落石の危険性が高いところがあり、泡滝ダムに車を止めてどこかに行くと、戻れなくなる可能性があります。まだかなり危険な状態です。
東大鳥ダム周辺に「この先通行不可」と表示があるので、入る方は自己責任です。
posted by dai at 18:38| Comment(2) | やま | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。