2012年11月07日

初冬の飯豊連峰(三国小屋荷上)

 3日〜4日、久しぶりの泊りプライベート山行で、しみけんさんとりょうさんと三国小屋に荷上げ行ってきました。
 私は行けませんが年末年初に小国山岳会で飯豊に行く予定で、今回はその荷上げです。

今回のルートは大日杉小屋〜五段山経由で三国小屋です。朝8時にのんびりと集合しました。

まずは荷上げ品の分担です。小屋に保存する一斗缶も上げます。
荷上げに加えて今回の宴会食材もあるので、出発前のザックはずっしり・・。久しぶりな上ここのところあまり重い荷物を持っていなかったので大丈夫かな〜とちょっと不安になりながら出発しました。

DSCF2501.jpg
 今回の荷上げ品です。たっぷり。

 前日までの寒気で、かなり寒い・・。遠くから見ると雪がついています。
足回りは迷いましたが、久々に登山靴。しみけんさんも登山靴ですが、りょうさんは長靴です。

 このルートを歩くのはかなり久しぶり。うーん、いつぶりかな?
標高の低いところでは紅葉がキレイです。今夜の食糧計画に現地調達が入っているので、宝探しをしながらゆっくりペースで登っていきます。
 
DSCF2505.jpg
 中津川のつり橋をわたります。 

 宝が見つかれば、宝回収と理由をつけて休めるので助かります(笑
ムキタケやナメコ類をゲットです^^ やったね^^

DSCF2519.jpg
 今晩の食材ゲット!

 だんだん標高が上がってくると徐々に雪が出てきます。
五段山に着くと雪がたっぷりです。気温も下がっていてかなり寒い。
食材確保に時間がかかり、五段山に着いた時点でお昼を回ってしまってました。

DSCF2522.jpg
 紅葉がキレイだなぁ・・・。

DSCF2529.jpg
 五段山では雪がたっぷりです。

 ここからは稜線歩き。といっても意外とアップダウンがあり、雪もあるので結構疲れます。

りょうさんはさすが体力があり余っているので先頭を歩き、しみけんさんと自分は少し遅れて着いていく感じです。
 歩き始めは「お、何とかなるかな?」と思いますが、徐々に荷物が効いてきて、稜線歩きでは足が悲鳴を上げ始めています^^;

 牛ヶ岩山を越えてようやく地蔵山です。地蔵山では川入へ下山したと思われるトレースがありました。おそらく昨日かな?
DSCF2539.jpg
 稜線を行きます。

DSCF2545.jpg
難所の剣ヶ峰。

 さて、ここからが難所の剣ヶ峰です。こんなに雪があると思っていなかったこともあり、アイゼンは持ってきていないのですが、状態としてはなしでも大丈夫そう。
といっても雪があり結構怖い。慎重に登っていきます。

DSCF2554.jpg
 慎重に通過。

 鎖は気温低下ですっかり冷たい。りょうさんが途中水場を確認に行くと、出ているとのことです。

DSCF2559.jpg
 標柱です。

DSCF2557.jpg
 核心部。

 途中緊張する場面もありましたが、16時に無事に小屋に着きました。どうやら私たちだけのようです。
しみけんさんとりょうさんは水を取りにいってくれるとのことなので、自分はキノコの下ごしらえ作業です。

(水場は結構やばい状態なので、ロープを持って安全第一で確保したとのことです)

 無事に帰ってきて、カンペーイ!キノコ鍋を作りつつ、相変わらずサンマ7匹やらネギ、ハクサイ、納豆、ニラ、ピーマンなど大量の生もの。荷上げでこれだけ食事が豪華なんておかしいよね、とか話しつつ楽しく飲みます。

DSCF2570.jpg
 美味しいキノコ汁です。

やっぱり今の時期は熱燗が良いですね^^ といってもさすがにみんな疲れていて、疲れすぎるとあまり酒も進まず、結局は20時で終了となりました。

DSCF2573.jpg
 宴会はつづく〜。

続きます^^
posted by dai at 18:16| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。