2012年09月26日

緑化資材荷上げ (梶川尾根〜石転ビ沢)

 遅くなりましたが、ようやく梶川尾根荷上げをアップしたいと思います^^

 すでに終わりましたが、9/22に行われる保全作業の事前準備ということで、9/15に梶川尾根に荷上げ作業を行いました。
 
 Masanobuさんが丸森尾根を深夜に登って梅皮花小屋の管理人をするということでしたので、私も久しぶりに深夜山行をすることにしました。

 前日は車を走らせ22時30分に天狗平到着です。翌日(といえるのかな?)は朝2時30分に起床する予定だったので、すぐにシュラフの中にもぐりこみました。
 運転が疲れていたのか、すぐに熟睡。目覚ましが鳴りましたが、シュラフの中でモゾモゾして時間が過ぎてしまい、ちょっと遅刻^^;
 
 何とか目を覚まして、真っ暗な中ザックにネットを詰め込みます。入れるだけ入れてあとは外付けでがんばろうと思いましたが、ネットが大きく結局ネット3つと繊維1つしか持てませんでした。

準備をしていると、一人の男性がヘッテンつけて早くも出発していきました。うーん、こんな時間に出発なんてなんだろう?って人のこと言えませんけどね・・・。

01届出所.jpg
 私もヘッドランプつけて出発です!
今夜は星がキレイに見えます。夜の山行、今風に言えばナイトハイク。でも言い方を変えれば深夜徘徊です(笑
 
 連日の猛暑なので、夜なら涼しいだろうと思いますが、風もなく気温が高く汗が噴き出してきます。うひゃ〜なんだこの暑さ・・。

 相変わらずの梶川尾根の急登を登って行き、ナラノ木曲り、湯沢の肩を過ぎて、湯沢峰で先行していた単独の男性に追いつきました。夜も明けてきたので、しばし雑談。

 今日は御西まで行くそうな。久しぶりの飯豊だそうで、昨日は天狗平ロッジに泊ったそうです。
 Masanobuさんらしき男性が2時過ぎに出発していったと教えてくれました。

02湯沢峰.jpg
湯沢峰で明るくなってきた。

 男性と別れて、再び登ります。標高が上がってくると風も出てきて涼しくなってきました。梶川は最初の登りと、滝見場から梶川峰までの登りが攻撃的なくらい激しい登りです。

 ひーひー言いながら登り、五郎ちゃん(五郎清水)に到着。
水を汲みに行きますが、崩れた水場の岩がまた崩れたそうです。でも水は汲めるのでご安心を^^ 連日の暑さでかなり水量が減っていました。

 一息入れて、もうひと踏ん張りです。三本カンバを過ぎて、トットバ。梶川峰を過ぎるとようやくデポ地にたどり着きました。
同行者がいれば、着いた後にネットを引っ張り出す作業が楽しいのですが、一人さみしく引っ張りだしました・・・(笑)

03ブナ枯?.jpg
 ブナの葉が?ブナ枯れか・・・・?でもちょっと食痕が違う気がするけどなんだろう。

04弥輔さんの傑作.jpg
 弥輔さんの傑作の水場表示。五郎清水はこちらです^^

 05梅皮花小屋が見えた.jpg
 梅皮花小屋見えてきたよ〜

06梶川みね.jpg
 梶川峰とうちゃくです。素晴らしい天気!

07地糖復活.jpg
 干上がった池糖もまた水が復活してました。

08みんなの汗.jpg
 大量の荷上げ品です。これはすべて人力で上げてます。みんなの汗が詰まってます。

 軽くなって、あとは快適に登ります。来週の施工地を確認して、しかしまた梶川尾根も荒れた気がします。
ここのところ雨の降り方がおかしいので、登山道の荒廃に連動しているような気がします。
 門内小屋に着いて、一応水場の確認に行きます。
連日の暑さでポタポタ状態です。これは水をくむことは期待できません。

 無線でmasanobuさんと交信しようとしましたがうまくいかず、まあ梅皮花小屋に着けば会えるだろうと梅皮花小屋に向かいます。
 
 稜線は風があり、涼しいです。山では風があるなしで全く違いますね。
久しぶりの飯豊の感触に思わず笑みがこぼれます^^ いいな〜。

09地神山.jpg
 地神山です。

10門内小屋.jpg
 門内小屋に到着。

11二つ峰.jpg
 二つ峰です。うーん、また行きたいものだ。

12振り返る.jpg
 何度も振り返ります。

13いいね〜.jpg
素晴らしい景色に見とれる。

14石転びだ.jpg
 石転び沢。帰りはこっちかな?

 北股岳山頂に到着し、そのまま梅皮花小屋へ。
Masanobuさんがすでに到着していて、着いてさっそく一杯。うーん、たまらなんなぁ。
思わず「この為に登ってきました」と言ってしまった(笑

 時間はまだ9時を過ぎたところ。今日の第二の目的は梅皮花小屋でmasanobuさんとまったりのんびりすることなので、まったりさせてもらいました。
 少しお昼寝し、外を景色を見たりしていると、御西管理人の羽田さんが石転び沢から上がってきました。

16はださーん.jpg
はださーん。
 おつかれさんでーす!と差し入れをすると満面の笑みです^^

 「こんなの飲んだらもう歩けない。管理人今日頼むわ」とか色々話し、いやいや面白いですね(笑 しばし雑談をして、羽田さんと別れました。
 Masanobuさんとパスタのお昼ご飯を食べて、さすがシェフです。その場にあるものでパパッと作ってくれました。明日の夜はみんなで大宴会とのこと、いいな〜。

17パスタ.jpg
 masanobu特製パスタ。うーん、美味しかった。

 さ〜名残おしいけど、下山するか〜ということで、石転び沢に向かうと、大声で呼ばれ、戻ってみるとなんと久しぶりにお会いするハタノさんが!
 今日おういんの尾根を日帰りだそうです。いや〜、健脚です。少し話して石転びを下ります。

18石転びをくだる.jpg 
 下ります。

 雪渓までは浮石が多いので、注意です。途中道を間違え黒滝の方に行ってしまいました。。
道を修正して雪渓まで無事に到着。
 雪渓はスプーンカットになっていますが、忘れてましたがそういや6本爪アイゼンを持参していたので、せっかくなので装着します。

19雪渓.jpg 
 雪渓を行きます。

 途中、何人かのパーティーと単独の方とスライド。
雪渓が薄くなっているところに注意しながら歩きますが、どうもまだ危険なところが私一人でははっきりわかりません。
まだまだ修行が足りません。。。
 
 快適に下りますが、雪渓が終わるとあちぃ〜>< まさに燃えるような暑さ。

石転び沢出合まで行き、masanobuさんと交信。
スライドした登山者の数などを報告していると、なんとさっき私が通ってきた雪渓がほんの数分前に大規模に壊れたそうです。(スライドした登山者からの情報)

 危なかった・・・。時間が少しずれてたら巻き込まれていたかもしれませんね。
 それもあって明日以降は石転び沢はかなり歩きにくくくなったそうです。
 まあ無事に歩きやすい時に歩けてよかった。

20石転び見上げる.jpg
 石転びを振り返る。

 ここからが暑さとの戦い。梶川出合で水を飲んで、うまい水はほとんど出ていませんでした。
あついよ〜、お風呂〜と心の中で叫びつつ、なんとか下山しました。

21戻ってきた.jpg 
 登山届所の緑化資材はまた減っていました。
翌日にはすべてあがったそうです。

 うーん、久しぶりのプライベート山行。満喫しました。
泊りたかったけど、またこんどかな〜。

◎タイム◎
天狗平3;35〜ナラノ木曲4:20〜湯沢峰5:10〜滝見場5:40〜五郎清水6:10〜梶川峰7:10〜門内小屋8:10〜梅皮花小屋9:10 
梅皮花小屋11:30〜雪渓頭12:30〜石転出合13:30〜天狗平14;50
posted by dai at 00:00| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。