2012年07月26日

いよいよ作業です。

 ちょっと仕事がバタバタしていて、アップが遅れていますが続きです。^^;

 翌日、茨城からの応援隊と一緒に蛇引班は朝早く出発です。昨日も登った蛇引清水に連日登るのはちょっと大変です。
うーん、前夜祭できたのはよかったけど、作業を考えるとそのまま蛇引清水、せめて角楢小屋に泊った方がよかったかも^^;

 oshimaさん、konomuraさんは初朝日。しきりに「ブナの森がいいな〜」と言っていてなんだか嬉しい気持ちになります^^
 とりあえず蛇引清水に到着。休憩して、北大玉山分岐まで、ブッシュの荷上げです。
天気はガスガス〜。稜線に出ても展望ナシ。うーん、ここからは絶景なんだけどなぁ。

11ヤマナメクジ.jpg
 でっかいヤマナメクジがツキヨタケを食べてしました。人間が食べると猛毒なのに、ナメクジさんには大丈夫なんですね。

分岐には11時ごろとうちゃく。ふー、現場に着くだけでも一苦労です。それでここから作業やろうというのですから、とんでもないことですね(笑)

 分岐からは、初男さん、oshimaさん、すかいさん3人が平岩山へ、yamazaruさん、konomuraさん、私の3人で大玉山まで作業することになりました。
 できれば、今日作業終わらせて、明日は大玉山〜赤鼻をやっつけたいところです。もっと欲を言うと、北大玉分岐から大玉沢までやりたいけど、今回はちょっと無理かなぁ。

初男さんの指示で、草刈りは両側同時にやるのではなく、片側をやって大玉山まで行って、帰りにもう片側やるという作戦です。この方が作業も早く楽だそうです。
 16時には分岐に戻る約束で、作業開始!

12草刈り中.jpg 
 作業かいし〜!

ガスガスですが、暑くもなく作業をするには快適です。konomuraさんは初草刈なので、燃料を持ってもらい、yamazaruさんと私で交代して作業を行いました。

 大玉山までは、道が悪くて歩くだけでも結構大変です。ケガだけはしないように注意します。
途中、雪によって登山道の土壌が全部ひっくり返ってしまっているところがありました。
こういうところは利用者が多ければ、勝手にそれなりに道ができるのですが、原始性が高く、利用者が少ないこのルートです。今回は何となく道跡をつけるだけで精一杯でした。

 ガスガスなので、どこまでやっているのかわかりません。おそらく大玉山の直下というところでタイムリミット!あきらめてここで引き返します。
 帰りは、せっかくなので比較的安全なところで、konomuraさんにも作業をやっていただきました。

「どうですか?」と聞くと「楽しいです」と一言^^ 
 そうそう、私も初めてやった時思いましたけど、草刈しながら山歩くのって、すごく新鮮な体験で、結構楽しいんですよね。

13草刈前.jpg
 草刈り前の写真

14草刈後.jpg
 後の写真。ガスガスなのでちょっと分かりにくいかな?

14-2初体験.jpg
 konomuraさんの初山草刈りです。

 さすがに後半になると握力がなくなってきて、手に力が入らなくなりながらも、なんとか分岐まで戻りました。

 初男さんらはまだ来ません。無線で連絡すると、平岩山まで行ってきて、あと少しで帰るとのことなので、こちらからも作業をして途中で合流となりました。

 お疲れ様です^^
 それにしても、平岩山まで行ってしまったなんて、さすがです。初男さんいわく、あんまり丁寧にやっていると終わらないので、とにかく足を進めることが大切だそうです。

 明日の作業に備えて、ブッシュを分岐にデポして、蛇引清水まで戻ります。
清水では、山さんとkanekoさんが料理を準備して待っていてくれました。
もちろん、プシュも^^ この蛇引清水でキンキンに冷えたビールが最高なのです!

17カンペイ.jpg
 宴が続きます。写真はyamazaruさんからもらいました。

天気も穏やかなになって、稜線が見えてきました。
絶景と穏やかなブナ森がゆりかごになって、夜遅くまでたのしいたのしい宴が続きました。

つづく〜。
posted by dai at 00:55| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。