2012年07月26日

作業終了〜反省会へ

 宴の時は晴れていましたが、夜にはかなり激しい雨になりました。
シュラフの中で、「うーん、作業できるかなぁ。むにゃむにゃ」と思いつつ、朝方になっても雨はあまり弱まりません。

 しかし小雨になり、なんと雨がやみました!
よしよし、ということで、初男さん、すかいさん、yamazaruさん、私の四人で、最後の大仕事、大玉山〜赤鼻の作業に出かけることにしました。

 とりあえず、気つけの冷たい一杯。うーむ、きくなぁ(笑
山さんがご飯を炊いて置いてくださり、こういうきめ細かいサポートが作業をする人には本当にありがたいです。
先に朝ごはんを四人だけ済ませて、撤収は山さん、kanekoさん、oshimaさん、konomuraさんの四人に任せて、草刈り隊は出発します。

18晴れてきた.jpg 
 晴れてきたかな?

 稜線にあがるとやっぱりガスガス。
デポした北大玉分岐に到着するとなんと雨が降ってきました。

とりあえず現場に向かいます。
13時に大玉沢でお昼ご飯ということなので、11時にはここに戻ってこないといけません。

4人で相談して、片側の作業をやって、赤鼻まで行ったらまた片側作業して戻ってくる。二班に分かれて先行隊と後続隊で、追いつき追い越せ、というのを繰り返してやることにしました。
これだと適度に休めるので、体力的にも助かります。

19しかし雨.jpg
 雨の中、ブッシュに燃料を入れて作業開始です。

あまりのんびりしていられないので、さぁがんばります!
が、昨年以来刈っていないので、かなり藪が濃く苦労します。
おまけに雨は強くなってきて、風も出てきました。

と言っても、もう作業を始めてしまえば止まりません(笑
どんなに動き回っても暑くないので、動いている分には楽で、意外と作業は快適。

16姫様.jpg
 ひめさまです。

15姫さま注意.jpg
 姫さまに手を出してはならぬぞ! 注意しながら作業を行います。

 かなりのスピードで前に進んでいきますが、赤鼻まではさすがに長いです。
初男さんが何度も「大丈夫か?この辺で無理しないで帰るか」と心配してくださいますが、4人で一致団結して赤鼻まで作業終わらせました!

あとは戻って作業です。しかし戻りもながーい。

大玉山に戻ってきた時間は、12時を過ぎてしまいました。
とても大玉山までは間に合いません。念のため、お昼ご飯を持ってきていたので、4人で食べますが、止まっていると身体が冷えます。

2009年に起こったトムラウシ山の大量遭難事故。
その日も朝日の稜線で草刈りをしていて、あの時は朝日の稜線も天気が悪かったことを鮮明に覚えています。

今回も少し状況が似ている。
「もしかしたら、またどこかで遭難事故起こっていないかな」とちょっと心配になりました。

昼ご飯を食べたら、四人で帰ります。
登りかえしが体に堪えますが、なんとか北大玉分岐まで戻りました。
分岐〜大玉沢までが残ってしまいましたが、初男さんが後日やってくださるそうです。

蛇引清水に戻ると、山さんたちが下山せずに待っていてくれました。
先に下山しててもよかったのですが、心配して待っててくれたそうです。
熱燗とあたたかいうどんを準備していてくれて、それが冷えた身体に染みました。

先に下山させてもらい、大玉沢〜針生平までは作業すべて終わっていました。
快適になった登山道を戻り、無事に下山しました。

 下山後はりふれへGO!です。
あ〜、作業と冷えた身体にお風呂がいいなぁ。

 そして、ふもとで反省会となりました。

19反省会.jpg
反省会。山さんから今年もけが人もなく終わったことなど感謝の挨拶。

20反省会2.jpg
 初男さん挨拶。
「こんなに多くの人が集まってくれる。皆さんは私の自慢です」という言葉が胸に響きました。

21反省会3.jpg
 あまり遅くならない時間まで、反省会はつづく〜。

 今年も参加させてもらった草刈り。
本当に楽しく、また仲間との出会い、再会がありました。
お会いした皆さん、朝日連峰の大自然、本当にありがとうございました。

<他の方の記録>
●山さんのホームページ
 http://www2r.biglobe.ne.jp/~yama-san/

●yamazaruさん 森林インストラクターyamazaruのフィールドメモ
 http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/blog-entry-216.html

●戸田さん 高畠町観光協会とだちゃんブログ
http://samidare.jp/toda/
posted by dai at 22:43| Comment(3) | やま | 更新情報をチェックする

いよいよ作業です。

 ちょっと仕事がバタバタしていて、アップが遅れていますが続きです。^^;

 翌日、茨城からの応援隊と一緒に蛇引班は朝早く出発です。昨日も登った蛇引清水に連日登るのはちょっと大変です。
うーん、前夜祭できたのはよかったけど、作業を考えるとそのまま蛇引清水、せめて角楢小屋に泊った方がよかったかも^^;

 oshimaさん、konomuraさんは初朝日。しきりに「ブナの森がいいな〜」と言っていてなんだか嬉しい気持ちになります^^
 とりあえず蛇引清水に到着。休憩して、北大玉山分岐まで、ブッシュの荷上げです。
天気はガスガス〜。稜線に出ても展望ナシ。うーん、ここからは絶景なんだけどなぁ。

11ヤマナメクジ.jpg
 でっかいヤマナメクジがツキヨタケを食べてしました。人間が食べると猛毒なのに、ナメクジさんには大丈夫なんですね。

分岐には11時ごろとうちゃく。ふー、現場に着くだけでも一苦労です。それでここから作業やろうというのですから、とんでもないことですね(笑)

 分岐からは、初男さん、oshimaさん、すかいさん3人が平岩山へ、yamazaruさん、konomuraさん、私の3人で大玉山まで作業することになりました。
 できれば、今日作業終わらせて、明日は大玉山〜赤鼻をやっつけたいところです。もっと欲を言うと、北大玉分岐から大玉沢までやりたいけど、今回はちょっと無理かなぁ。

初男さんの指示で、草刈りは両側同時にやるのではなく、片側をやって大玉山まで行って、帰りにもう片側やるという作戦です。この方が作業も早く楽だそうです。
 16時には分岐に戻る約束で、作業開始!

12草刈り中.jpg 
 作業かいし〜!

ガスガスですが、暑くもなく作業をするには快適です。konomuraさんは初草刈なので、燃料を持ってもらい、yamazaruさんと私で交代して作業を行いました。

 大玉山までは、道が悪くて歩くだけでも結構大変です。ケガだけはしないように注意します。
途中、雪によって登山道の土壌が全部ひっくり返ってしまっているところがありました。
こういうところは利用者が多ければ、勝手にそれなりに道ができるのですが、原始性が高く、利用者が少ないこのルートです。今回は何となく道跡をつけるだけで精一杯でした。

 ガスガスなので、どこまでやっているのかわかりません。おそらく大玉山の直下というところでタイムリミット!あきらめてここで引き返します。
 帰りは、せっかくなので比較的安全なところで、konomuraさんにも作業をやっていただきました。

「どうですか?」と聞くと「楽しいです」と一言^^ 
 そうそう、私も初めてやった時思いましたけど、草刈しながら山歩くのって、すごく新鮮な体験で、結構楽しいんですよね。

13草刈前.jpg
 草刈り前の写真

14草刈後.jpg
 後の写真。ガスガスなのでちょっと分かりにくいかな?

14-2初体験.jpg
 konomuraさんの初山草刈りです。

 さすがに後半になると握力がなくなってきて、手に力が入らなくなりながらも、なんとか分岐まで戻りました。

 初男さんらはまだ来ません。無線で連絡すると、平岩山まで行ってきて、あと少しで帰るとのことなので、こちらからも作業をして途中で合流となりました。

 お疲れ様です^^
 それにしても、平岩山まで行ってしまったなんて、さすがです。初男さんいわく、あんまり丁寧にやっていると終わらないので、とにかく足を進めることが大切だそうです。

 明日の作業に備えて、ブッシュを分岐にデポして、蛇引清水まで戻ります。
清水では、山さんとkanekoさんが料理を準備して待っていてくれました。
もちろん、プシュも^^ この蛇引清水でキンキンに冷えたビールが最高なのです!

17カンペイ.jpg
 宴が続きます。写真はyamazaruさんからもらいました。

天気も穏やかなになって、稜線が見えてきました。
絶景と穏やかなブナ森がゆりかごになって、夜遅くまでたのしいたのしい宴が続きました。

つづく〜。
posted by dai at 00:55| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

朝日連峰小国口 道刈

 7月13日〜16日、山さん率いる朝日連峰登山道刈り払い協力隊で、朝日連峰小国口の道刈(草刈り)を行いました。

 登山道は自然に道がついているのではなく、毎年維持管理作業を行っています。
具体的な作業は、冬期間の雪によってできた通行のおける支障木を取り除いたり、登山道の草刈などです。
 朝日連峰小国口では、公園管理員である初男さんと、山さん率いる多くのボランティアによって、この作業が毎年行われていて、私も5年ほど前から作業に参加させてもらっています。この辺の詳しいことは後日書きます^^

01じゅんび.jpg
 初日13日は、グループに分かれて荷上げ&大石小屋での前夜祭です。
今回は、蛇引清水班、角楢班、大石班に分かれていますが、私は蛇引班です。

蛇引班はテントや食料、草刈り機などの資材を蛇引清水にまで荷上げする作業です。
荷上げメンバーは、yamazaruさん、nakayamaさん、kanekoさん、私の4人です。
翌日は8人が蛇引清水に泊るのですが、初日4人で準備していたほとんどすべての資材&食糧を4人でたっぷりとザックに詰め込みます。おもい〜^^;

 天気は雨模様だけど、なんとか持ってくれそうです。
4人で大石小屋をしゅっぱ〜つ!

 草刈機は2台上にあげるので、草刈機を持つ2人は荷物を少し減らして、他の2人は食糧や燃料(機械&人間用の・笑)を多めに持ちました。

 大玉沢までは平行移動とはいえ、ザックが重く、草刈機を持ってあがるのは、バランスが悪いこともあって、とても疲れるのでのんびり歩きます。

 この針生平のブナ森は何度来ても本当に素晴らしい^^
朝日連峰小国口のみどころです。ブナの森を気持ちよく4人で歩きます。

02白布潜り橋.jpg
 白布の潜り橋はちょっと増水していますが、私は長靴なのでジャブジャブ。3人は吊り橋を渡ります。

03相方.jpg
持ち上げる草刈り機。こいつがないと始まりませんね^^
そんなにも重くはないけど、バランス悪いし、長い時間持っているとすごーく疲れます。

04橋を渡るのが大変.jpg
この吊り橋を草刈り機をもってわたるのは大変です^^;

 白布沢でいっぷく。角楢小屋でまた一休み。今日は荷上げだけなので、のんびりです。
大玉沢にようやくたどり着き、ここから一気に登りです。

 重いザックに苦労しつつ、4人でがんばって荷上げしました。
何とか天気は持ってくれて、13時過ぎ、歩き始めて5時間くらいでようやく蛇引清水までとうちゃく。

 ふい〜、疲れた!みんなお疲れちゃんです。
歩くだけでも大変なところなのに、そこで作業をしようというのですから、とんでもないことですね。

 軽くなったザックで、あとは大石小屋まで下ります。

05nakayamaさんがゲットした.jpg
大玉沢では、nakayamaさんが竿をふるうと、あっという間にイワナを2匹ゲット!
Nakayamaさんは相当の実力者のようです。さすがタンパク採取班長(勝手に命名)のことだけあります。

大石小屋に戻って、みんな集合!
明日の草刈の前に、かんぺ〜い!盛大に、結局何時までか分からない時間まで前夜祭が続きました(笑)

06カツオ.jpg
カツオをさばく。あ、こいつは下界からです。さすがに山にはいませんよ〜^^;

07たたきです.jpg
たたきにして、うーん、んまーい!!

08ビー.jpg
 生ビールが効くなぁ。

09前夜祭.jpg
前夜祭は楽しくすすみます。

10楽しく続きます.jpg
前夜祭のメンバーです。(写真はyamazaruさんからもらったものです)

つづく〜。
posted by dai at 22:22| Comment(4) | やま | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

山歩きと愛

実は、あんまり運動することが好きではありません。
でも山を歩くことが好きなんです。山だったら、どんなに歩いても苦にならない。

でも、町を歩いているとすぐに疲れてしまう。
町を歩いて「疲れたー」と言うと「山歩いているんでしょ?」と不思議がられることがあります。

いや、でもそういうものなんですよ。
山歩きは、単純に歩くという運動行為ではないんです。
なんというか、私は運動という意識では全くやっていません。
なんだろう。自然が好きだからやっているという感じかな。

たぶん自然の中には、見えないエネルギーというか、そういうもので満ち溢れているのだと思います。
山の中は、見えない愛のエネルギーで満ち溢れているのですよ(笑)

山の愛、自然の愛を全身で感じながら歩いている訳です。愛を感じているんだから、ちょっとやそっとでは疲れない。

やっぱり山はいいなぁ^^ もっともっと山の愛を感じ取れるようになりたいなぁ。
posted by dai at 21:54| Comment(4) | つぶやき | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。