2012年05月15日

山形神室山

 5月12日に、スターさんと山形神室山に行ってきました。

 当初、朝日連峰の大井沢〜焼峰〜天狗小屋に行こうと計画していたのですが、朝からあいにくの雨・・・。
集合して、「さてどうしましょうか」と相談して、天気図は西高東低気味なので、太平洋側は天気がよさそう。
蔵王近辺ならばたぶん天気も大丈夫だろうということで、車で移動して、のんびりと山形神室山に行くことにしました。

 笹谷峠に到着すると、天気は大丈夫ですが、ものすごい風です。
こりゃ〜、今日は強い風の中歩くことになりそう。

01出発.jpg
のんびりと準備をして出発。

山形神室山は、二年前の11月に登って以来2回目です。その時の様子は下記です^^

http://taikidaiki.seesaa.net/article/168285248.html

その時、とても楽しいコースだったので、今回もワクワク。
前回は道路が冬季閉鎖でしたが、今回は笹谷峠まで車で行けるので楽できます^^

 まずはハマグリ山への登りを登ります。
雁戸山方面の山頂は、昨日と思われる雪が積もっていました。
ありゃ〜、昨日寒かったから、雪降ったんですね。

03雁戸山方面.jpg
 雁戸山方面。山頂付近は最近と思われる雪が。寒かったんですね。

04山形神室と仙台神室.jpg
 山形神室(左)と仙台神室(右)

 それにしても、風が本当に強い。でも、ちょっと陰に入れば風が弱まります。

 私、あまりにも無知かもしれませんが、雪山に登るまで、雪は均等に山に積もるものだと思っていました。
でも実際山に積もる雪は、地形や風の影響をとても受けて、風が強いところにはほんんど雪は積もらず、吹き溜まりにはとても深い雪があったり、谷には雪崩などで多くの雪が積もっていたりします。

風も同じで、山に登る前は風は常に一定に吹いているものだと思っていましたが、実際は地形の影響などすごく受けます。
あるところでは暴風でも、数メートル先ではほとんど無風などは当たり前。
自然はとても複雑、でもすごく面白いですね!

ハマグリ山を登って、そうそう。ハマグリで表示がしてあるんですよね。
ここから、いったん下って、山形神室山に登ります。

02ハマグリ山.jpg
ハマグリ山に到着☆

山形神室に着くと、仙台神室や大東岳がよく見えました。

06大東岳.jpg
大東岳。ここも登りたいんだよな〜。

07寒い.jpg
風があたる側は霧氷がついていますが、風が当たらない方は全然様子が違います。
山の表情は面白い!もっともっと山のことを知りたいです。まだまだ修業が足らない。

山形神室岳で、のんびり休憩して、今日はここまで。
のんびりと下山することにしました。

蔵王はやっぱり降雪量が月山や朝日、飯豊と比べて段違いに少ないようで、もうほとんど夏道でした。
月山や朝日がなかったら、きっと蔵王はもっと降雪量が多いんでしょうね。日本の地形は面白い!

08下山開始.jpg
のんびり下山。

09晴れてきた.jpg
下山すると晴れてきました。登ってきた山形神室岳。

無事に笹谷峠に下山して、山工小屋でのんびり昼食を食べました。

予定の朝日はいけませんでしたが、でもやっぱり山に来るとすごく元気になります。
それを改めて実感した、今回の山行でした。
ありがとうございました。


◎タイム◎
笹谷峠8:30〜ハマグリ山9:25〜山形神室山10:10〜笹谷峠11:50
posted by dai at 21:24| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。