2012年05月08日

小国春グマ猟

 GW後半は、小国町の春グマ猟に同行させてもらってきました。

春グマ猟。私は鉄砲の免許はまだ持っていませんが、以前からとても興味があり、一度猟に同行させてもらいたいと思っていて、今年は山行をやめて猟に同行させてもらいました。
 予定では3〜6日の4日間同行させてもらう予定でしたが、天気が悪いと猟にも行けないので、結局6日だけの参加となってしまいました。

01針生平のブナ新緑.jpg
 針生平のブナ林の新緑が見事でした。
 残雪と新緑。この景色は山の中でも格別だと思います。

02マタギがいく.jpg
 マタギが行く。かっこよすぎです。

03クマを探す.jpg
 クマを探します。

 結果として、クマの姿を見ることができましたが、猟を行う現場には残念ながら立ち会うことができませんでした。

 都会で育ち、まだまだ現場のことについて勉強が足りない私があれこれ言うことができませんが、人と自然と動物は、今も昔も切っても切り離せない関係があると思います。

 春グマ猟はかつては人が生活のために行ってきたものですが、それが今でも続けられています。
今でも続けていることにはとても深い意味があって、それをしっかり勉強したい意味でも今回同行させてもらいました。
 でも、一回ではまだまだ分からないことだらけでした。

 いつもそうなんですが、自分の心や頭、気持ちの中にどのような想いがあるのか、自分自身で分からない。
自分自身で何が分からないのかわからないというのが、一番厄介^^; 
修業が足らないなぁ。
 
 分かっているのは、山が大好きで、自然が大好きで、そしてそれを通して人との出会いや関わりが深まっていくことが、単純に楽しく好きだということかな。

 春グマ猟は、また来年同行させてもらいたいと思います。
なんか今回は重い日記になっちゃった。ごめんなさい。
posted by dai at 19:40| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。