2011年10月25日

大日岳ピストン

 翌日(18日)は、朝6時30分頃にのんびりと起床しました。
う〜、寒い。温度計を見ると5度です。
とりあえずコーヒーウイスキーで体を温めます。のんびりと朝食を食べます。
昨夜は一晩中風がとても強かったです。起きるとガスガス。
今日は大日岳をピストンしようと思っていたけど、どうするかな。

 さて、今日は小屋の中の作業を行います。
昨日沢から引いているトイレへの水を受水槽に来ないようにしたので、今度は中の作業を行わなければなりません。
使った食器などを片付けて、作業に入ります。

 まずは掃除です。
小屋の掃除をして、続いてトイレ掃除。受水槽の水を抜くため、トイレ内のバルブを開けて水を流します。

01水を抜く.jpg
 トイレ内のバルブをひねって、受水槽の水を抜きます。
しかし、設計上掃除や水抜きがしやすいようによく考えられています。

 水が抜けたら、受水槽のバルブから直接水を抜いて完全に空にします。水洗トイレのタンク内の水を抜いて、トイレ内の水を灯油ポンプを使って完全に抜きます。
 水が残っていると便器が割れてしまいますので、これは忘れることができません。
作業が終わったら、水洗トイレは使えないように鍵をかけます。
これで、作業終了です。
これからは、トイレは冬季用のトイレ1穴のみ使用できます。

02受水槽.jpg
 受水槽

03受水槽から直接抜きます.jpg
 受水槽から直接水を抜きます。

04トイレの水は外で蒸発するシステム.jpg
 トイレの水は外で蒸発するシステムです。

 さて、作業が終わり、ODDさんとkonchang、nakajimaさんらは下山します。
朝はガスガスだったけれど、天気が回復してきました。
自分はどうしようかな〜と思いましたが、予定どおり大日岳を往復することにしました。

 みんなを見送り、準備をします。外は風が強いので、稜線歩きは大変そうです。防寒対策をしっかりして、出発!
 時計を見ると9時45分。
大日岳まで往復するとどれくらいだろう。そんなに遠くはなかったけど、梅花皮小屋から往復するとなると結構時間かかるよなぁと思い、地図でコースタイムを合計してみると、げげっ!なんと12時間。おいおい、そんなに遠かったかな??

 でもそんなにかからないだろう。
 御西まで2時間、大日岳往復して2時間、御西から帰ってきて2時間。この計算ならば16時には帰ってこれるはず。
今の時期17時過ぎるのはまずいので、まあダメならば御西小屋でビールを飲んで帰ってこればいいだろうと、とりあえず歩きます。

05三人を見送る.jpg
 三人を見送ります。

06大日岳に向かいます.jpg
 梅花皮小屋を出発。

 梅花皮岳を登り、烏帽子へ。
うへ〜、風が強くて霧氷が至る所にできています。
これは昨夜はかなり冷え込んだようです。大日岳は見えていますが、時々雲の中に隠れてしまいます。

 烏帽子岳の北面は霧氷が集まったのか、一部が完全に凍っています。こりゃ〜寒いね><
寒いのでほとんど休憩もしないで、御手洗池、天狗ノ庭を過ぎて御西小屋に到着。予定どおり2時間で来ました。
よしよし、何とか大日岳まで行けそうだ。

07寒いぞ.jpg
 稜線上は寒い〜。

08烏帽子北面は凍っている.jpg
 烏帽子北面は凍っています。

09大日は雲の中.jpg
 大日岳は雲の中。

10振り返って御手洗の池.jpg
 御手洗の池です。

11御西小屋についた.jpg
 御西小屋に着いた。

 昼ご飯は大日岳から帰ってきてから食べようと思っていましたが、お腹がすいたので行動食を食べようとザックを見るとなんと行動食がない。
しまった、どうやら梅花皮小屋に忘れてきてしまったようです。
うーん、昼食のラーメン以外なにか軽く食べられるものはないかとゴソゴソ探してみると、ありました。
つまみ用の柿ピーが1袋!(笑)

 これを食べるとビーが飲みたくなるのですが、ガマンして柿ピーをつまんで大日岳に向かいます。
 さっきまでよかった天気もガスってきました。
文平池を過ぎるとあとはガスガスの世界になってしまいました。寒いので、休憩もしないで大日岳に到着!
やった、大日くんはいつぶりかな? 
うーん、かなり久しぶりです。あ、去年の9月大日杉から二泊で往復して以来ですね。

 よかった〜、今年もまたこれました。
タイマーで記念撮影をして、さっさと下山します。
御西小屋で遅い昼ご飯です。温かいラーメンと冷たいビーで、あ〜いい気分!

12雲の中の大日へ.jpg
 大日岳に向かう。

13文平の池.jpg
 文平の池。

14半分凍って半分凍ってない.jpg
 風の当たる側は凍っています。

15大日到着.jpg
 大日岳山頂。

16山頂はビュービュー.jpg
 いやーさぶい。

17記念撮影.jpg
 記念撮影。

 帰りも2時間くらいだろうと言うことで、14時前には出発しました。
途中天狗ノ庭を視察。
上部の緑化ネットからの芽吹きがあって、うれしいなぁ。
ここは作業をしたときは本当に裸地でしたが、今は違う景色です。思わず涙腺がゆるんでしまいます。

18天狗ノ庭を視察.jpg
 天狗の庭を視察します。

19感動ものです.jpg
 芽吹きがすごく感動モノ。

 天狗ノ庭を見送り、ガスガスの天気もまた晴れてきました。
途中飯豊山を振り返り、稜線を歩いてきます。
今日は誰にも会っていません。もしかすると飯豊の稜線独り占めかもしれません。
 梅花皮岳を下って、無事に梅花皮小屋に到着です。

20晴れてきて飯豊山と天狗岳.jpg
 飯豊山。稜線を一望します。

21梅花皮小屋が見えて.jpg
 梅花皮小屋に戻ってきた。

 小屋にも誰もいませんでした。一人で夕食の準備にかかります。
昨日とったナメコを水で洗って、軽くゆでて醤油をつけて食べると良いつまみになります。

 ビーも進み、うーんウマイ!
 寒いので豆炭アンカを使います。
とても暖かいですが、ODDさん曰わくこれは二番目に暖かいものだそうです。一番に何かは・・・(笑)

 しまった、ローソクとラジオを持ってくればよかった。
一人で小屋に泊まるときは、ローソクの明かりを見ながらラジオを聞くのがいいんだよな。
 一人でじっくりやって、外に出ると満天の星空でした。
天の川がすばらしい!あ〜やっぱり山っていいなぁ。。
 明日はいよいよ飯豊初のおういんの尾根を歩きます。

22夕日に染まる梅花皮岳.jpg
 夕日の染まる梅花皮小屋

◎タイム◎
梅花皮小屋9:45〜梅花皮岳10:10〜御手洗池10:50〜御西小屋11:40〜大日岳12:30〜御西岳13:10 14:00発〜天狗ノ庭14:25〜烏帽子岳15:30〜梅花皮岳15:45〜梅花皮小屋16:00

posted by dai at 21:41| Comment(0) | やま | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。